シストレ(自動売買)が使えるFX業者を紹介【初心者向け】

システムトレードとは?初心者向けにわかりやすく解説

裁量取引が手動売買であることに対して、システムトレード(シストレ)は自動で取引を行います。テクニカル分析を中心にさまざまな指標を利用してトレンドの転換点や売買ポイントを設定して自動で取引を行うため、トレードで失敗する要因の1つの心理的な要素を排除することができます。

「FXを始めたいけど自分でやるにはよく分からない」「今までにFXで失敗したことがある」という人に是非おすすめしたいのがこのシストレです。いま特に注目を集めているFX会社を、特徴などと一緒に紹介していきます。

当サイトおすすめ!自動売買ツールが利用できる国内FX業者
会社 取引単位 キャッシュバック ポイント 詳細
トライオートFX 1,000通貨 最大50,000円 スプレッドが比較的狭く、人気ランキングから簡単に選んで注文数量を確定するだけで始められるので初心者におすすめ。
アイネット証券 1,000通貨 最大30,000円 レートが一定の幅動いた時に売買を自動で繰り返す「ループイフダン」を使うならここ。少額から始められるので初心者にもおすすめ。

シストレ(システムトレード)のメリット・デメリット

シストレ(システムトレード)のメリットは、機械に任せて自動で取引ができることです。

シストレはいくつかのテクニカル指標を使ってシステムに買いのサインが出たら買いの注文を出して、売りのサインが出たら売りの注文を出す。簡単に言うと自動売買取引です。

自分で考えて取引をする時は、チャートをじっくり見て分析した上で「ここだ!」というところでエントリーすることが多いと思います。自動売買では、このようなプロセスでエントリーしません。

しかし自動売買が難しい点は、優秀な機能のシステムを作るために過去何年分もの値動きのデータを分析して、その中から最も良い手法を見つけて実践、改良していかなければならないという点です。これは実際、かなりの労力がかかります。

しかし、優秀なシステムを一回作ってしまえば後はシステムが出す指示の通りに売買するだけなので、そういった意味では上級者と比較してまだトレードに慣れていない初心者にもおすすめできるトレード手法の1つです!

シストレのデメリットデメリットは、予想外の為替変動の際に思わぬ為替差損が発生してしまうことです。

シストレは自動売買で利益を出せる可能性がありますが、困ったことに予期せぬ事態や前代未聞の事象が起きた時でも自動取引は行われてしまいます。

システムが持っているデータとは別に取引が行われてしまった時は大変なことになるため、為替差損が起きてしまう可能があるんです。

もし為替差損が起き続けて、いつかは利益が生まれる可能性があったとしても為替差損が出たところで取引を止めてしまう可能性もあります。

とはいっても普通の裁量取引でもメリット・デメリットはあるので、シストレを上手く活用して為替差益を生む為にも、しっかり勉強をしてからシストレに挑戦する事をおすすめします!

シストレ(システムトレード)のストラテジーとは?

ストラテジーとは、システムトレードをする上で用いられる売買プログラムのことです。ストラテジーを和訳すると戦略という意味です。

システムトレードはストラテジーを元に出された指令から自動的に売買が行われます。このストラテジーは種類がたくさんあってサービスによって種類が違うので、自分のやりやすいストラテジーを選んで取引していきます。

なかでもトライオートFXは自分の使いやすい自動売買システムが選べると評判です。

どうやって良いシストレ業者を選べばいいの?

シストレを始めたい!と思ったら、まずどこの業者を選べばいいのか悩むのではないでしょうか。

シストレではなく普通のFX会社を選ぶなら、手数料やスプレッドなどを比較すれば良いのですがシストレをしたいと考える場合、取引ツールの使いやすさや約定能力など、自分に合っているかどうかを調べ比較する必要があります。

自分にあまり合っていないところを選んでしまうと、もったいないです!普段ではあまり身近じゃ無いかもしれないですが、テクニカル分析を単に行うというだけでも慣れてしまうと、その高機能がゆえに他のところでのトレードはできない!!となってしまう人もいるぐらいです。

特にMT4に関しては、日本でもかなり人気の高いツールなのでサポート情報も豊富です。そのため「シストレを始めたい!」と思ったら、既に評価が高くて実績のあるFX業者を選ぶのが良いでしょう。

システムトレードをやる上で重要なのが「相場分析方法」

それでは、シストレで重要となる相場分析の2種類の方法について説明をします。FXだけでなく投資全般に使える方法なので、良ければ参考にしてください。

相場を分析する上では主にテクニカル分析とファンダメンタル分析の2つの分析手法があります。 どっちらか一方が優れているということでもないので、これからFX取引を始めるという人は両方しっかり読んでください。

テクニカル分析

テクニカル分は、過去のデータやチャートにのっとって価格を予測する方法のことです。通貨の価値は常に新しいものを追って動くケースが多いので『ここまで売る』『ここまで買う』など、ある程度のデータをもとに世界中で取引される場合があります。

そういったデータがあると、「この通貨の価値はこれ以上、上がらない(下がらない)だろう」といった独自観点での売買となってしまうんです!そんな取引が多くなるとトレンドというものが発生してきて、そのトレンドに沿って売買を行なう人が増えていくという流れになっていきます。

テクニカル分析の中にもさまざまなトレンドがあります。少し面倒かもしれませんが、あまりトレンド知らない人は勉強してからトレードを始めることをおすすめします。

下記の画像は、テクニカル分析のイメージ図です。過去の価格の動きを参考にして、未来(リアルタイム)を予想します。

テクニカル分析イメージ

ファンダメンタルズ分析

ファンダメンタルズ分析は、経済指標や各国の政治情勢、金利水準などの見地から分析して算出する方法です。 経済指標の例としては、「雇用統計」「GDP成長率」などがあり、耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか。

何を根拠に判断しているというのが分かりやすいためハッキリしてると思います。ファンダメンタルズ分析はどちらかというと短期での変動というよりも長期的で、長期投資に向いてる分析法だと考えられます。長い目で上手くFXと付き合っていくには欠かせない情報収集方法なので、しっかりと把握しておいたほうがいいと思います。

下記の画像は、ファンダメンタルズ分析のイメージ図です。
さまざまな情報が為替レートに影響するのと同じように、その情報から今後の相場動向予測します。

ファンダメンタルズ分析イメージ

シストレ(システムトレード)で勝つためのポイント

シストレで成功するにはどのようなことが必要になってくるのでしょうか?また、機械任せのシストレに、成功の秘訣などあるのでしょうか?

シストレで勝つためのポイントを一言で言うと、「継続する」ことでしょう!!

何事でも当てはまることですが、どんなに良い方法や法則を見つけ出せても、持続させることができなけば上手くいきません。1度や2度の失敗で辞めてしまっても成功は遠のいていくばかりです。

今までFXの取引で勝てなかったで諦めてしまった。初心者すぎて分からないので手が出せないと思っている人も、無理はせずに自分で続けられる範囲の方法を見つけて、継続して取引していくことが勝つためのポイントだと思います!

シストレはこんな人におすすめ!

シストレは、初心者や今までシストレ以外の取引方法で勝てなかったという人にもおすすめなのです。また特に損切りができない人に試してもらいたいおすすめの方法です。

FXの上級者と呼ばれる人たちだと、買ったらすぐに設定したりイフダン注文で必ず指値とセットで入れておくものだといいますが、上級者と呼ばれる人のなかでもなかなかできない人が多いようです。

しかし、シストレは自動取引のためこういう損切りの場面でもとっても有効にその力を発揮してくれます!損切りができない!という人は、シストレを試して損切りの参考にしてみてはいかがでしょうか?

おすすめの自動売買が利用できる国内FX業者

マイメイト

マイメイト

出典:マイメイト公式

マイメイトの基本情報
取引通貨単位 5,000通貨単位
スプレッド プレッドは市場の流動性の変化に応じて変動
取引手数料 無料
※投資助言報酬が1,000通貨あたり1円 (税込)
通貨ペア 16通貨
マイメイトの特徴

インヴァスト証券が提供する「マイメイト(MAiMATE)」は、AI(人工知能)を活用した新しいFXのサービスです。

マイメイトの最大の特徴は何といっても、AIに売買を任せられることです。さまざまなFXの自動売買システムがありますが、マイメイトのようなAIを活用することで、自動で学習し続けるシステムは今までありません。

また他のユーザーが作った「エージェント」と呼ばれるAIを選択して、トレード任せることもできるので初心者でも気軽に始められます。

トライオートFX

トライオートFX

出典:トライオートFX公式

トライオートFXの基本情報
取引通貨単位 1,000通貨単位
レバレッジ 最大25倍
スプレッド 米ドル/円:0.3銭
ユーロ/円:0.5銭
取引手数料 無料
通貨ペア 17通貨
トライオートFXの特徴
トライオートFXは、人気ランキングなどのリストから自動売買を選んで注文数量を決定するだけで初心者でも簡単にトレードを始めることができます。また自動売買はカスタマイズ性も高く、スプレッドが比較的狭いため安心してFXを始められる企業の1つとしておすすめです。
アイネット証券

アイネット証券

出典:アイネット証券公式

アイネット証券の基本情報
取引通貨単位 1,000通貨単位
レバレッジ 最大25倍
スプレッド 米ドル/円:0.7銭~2.0銭
ユーロ/円:1.4銭~3.0銭
取引手数料 無料
通貨ペア 24通貨
アイネット証券の特徴

アイネット証券は、レートが一定の幅動いた時に売買を自動で繰り返す「ループイフダン」を使うならここ。少額から始められるので初心者にもおすすめです。

アイネット証券のレポートによると、同社の「ループイフダン」を利用して1年間で1口座あたり平均11万円増えたことが報告されています。

おすすめの記事