FXで勝てる時間とは?いつ取引すべき?初心者が悩むポイントを解決

FXで利益出すためには、トレードツールを使いこなしチャートの見方を勉強したり世界情勢を把握したりとさまざまな要素があります。なかでも意外と重要とされているのが、トレードをする時間帯です。

FXは平日であれば基本的に24時間取引可能です。そのため、FXを始めたばかりの初心者の方にとっては、まず最初にどのタイミングで取引(エントリー)すれば良いのか悩むことも多いでしょう。自分が取引できる時間帯だからトレードをするというスタイルよりも、時間帯によって違う市場の特徴を理解した方が、戦略を立てやすいとされています。

そこで今回は、FX初心者に向けに時間帯によって異なる値動きの傾向を紹介し、エントリーするタイミング掴むためのトレード手法を紹介します。

FXで勝つために注目すべき時間帯

平日の24時間取引できるFXですが、その中でも主要な取引市場のオープン時やクローズ時などに大きな値動きが見られ、効率良くトレードできる時間帯というものがあります。

その他にも、アメリカの政策金利や金融政策が決定されるFOMC(米連邦公開市場委員会)などのイベントや経済指標の発表時も大きく相場が動くことがあります。そのため、大きな利益を出せるチャンスでもあれば損失を出すこともあるため、注意しながらトレードする必要があります。

時間帯によって異なる相場の値動き傾向

為替市場はオセアニア時間で始まり、東京時間を含めたアジア時間、日本時間の夕方からはEUとロンドンなどの欧州市場、そして日本時間の夜間から早朝までがニューヨーク時間と分かれています。

このうち、相場が活発に動くのは主要な取引市場の始まる時間帯と終わる時間帯です。
特にロンドン市場は世界第1位の為替取引高を誇り、ロンドンフィキシングと呼ばれる日本時間の24時(冬時間は25時)には大きく相場が動きます。

ニューヨーク時間が始まる日本時間の23時(冬時間は24時)やロンドンとニューヨーク時間が重なる23時〜24時(冬時間は24時~25時)も非常に活発に動きます。

さらにニューヨーク時間は通貨オプションの権利行使の最終締め切りの時間帯にもなっています。NYオプションカットの時間帯になるとオプションが大量に入っている方向にレートが向かっていくため、相場が活発に動きやすい時間帯とされています。

主要取引市場の取引時間(すべて日本時間)
東京時間(日本) ロンドン時間(イギリス) ニューヨーク時間(アメリカ)
9時~17時 17時〜翌2時(夏時間)
18時〜翌3時(冬時間)
21時〜翌6時(夏時間)
22時〜翌7時(冬時間)
特に相場が動く時間帯
ロンドン・ニューヨーク時間が重なる23時〜24時
(冬時間は24時〜25時)

チェックしておきたいイベント・経済指標

FOMCなどのイベントや経済指標の発表がある時間帯も値動きが活発になることが多いため、注意が必要です。毎月第一金曜の日本時間で午後9時30分(冬時間は午後10時30分)に発表される米国雇用統計の時間帯は毎回大きく値が動きます。米国雇用統計とは、その名の通り失業している人の数など雇用の情勢を調査した統計です。これは、アメリカの経済の動向を知る指標となるため、為替にも大きな影響を与えるとされています。

その他に注目すべきイベントとしては、FOMC(Federal Open Market Committee、米連邦公開市場委員会)があります。年8回開催される中で、景況判断などをベースに決定される政策金利など金融政策の発表が行われ、値動きが非常に活発になります。

特に議長会見も行われる3月、6月、9月、12月のFOMCでは、議長の発言内容に市場が小刻みに反応するため、上下に大きく相場が動くのが見て取れます。

またFOMCが終わって後日発表されるFOMC議事録の内容公開の際にも大きな値動きが見られ、トレードチャンスが増えます。ただし、急激な相場の変化により大きな損失を抱えることもあるため、見極めが重要になります。

FX初心者の方はトレードに慣れるまではイベントや経済指標発表時にはトレードを控えたり、それまで持っていたポジションを閉じておいたほうがいいでしょう。

FX初心者が注目すべきイベント・経済指標の例
経済指標 ◆米国雇用統計(非農業部門雇用者数・失業率)
◆ISM製造業景気指数(アメリカの指標)
◆鉱工業生産(アメリカの指標)
◆ミシガン大学消費者信頼感指数(アメリカの指標)
◆IFO景況感指数(EU圏の指標)
◆ZEW景況感指数(EU圏の指標)
◆アメリカや先進主要国のGDPなど
金融政策 ◆米国FOMC・FOMC議事録
◆ECB(欧州中央銀行)金融政策発表
◆日銀金融政策決定会合など
要人発言 ◆各国首脳(アメリカ大統領など)
◆FRB(連銀)総裁
◆ECB総裁
◆ECB政策理事会の理事からの発言など
市場テーマ ◆米中貿易戦争
◆英国EU離脱問題(ブレグジット)など
当サイトおすすめのFX会社

SBI FX トレード

SBI FX トレード SBI FXトレードは1通貨単位から取引可能と初心者向けのFX業者の1つです。ドル円やユーロ円などが業界最低水準のスプレッド(原則固定,例外あり)で。
ドル円のスプレッドも1000通貨までなら、0.00~0.09銭なのも初心者には嬉しいはず。
口座開設で500円が入金されるので、これからFXを始めたい人にはピッタリです。

GMOクリック証券(FXネオ)

GMOクリック証券(FXネオ) FX業界で多くのトレーダーから圧倒的な支持を集めている業者です。
LION FX同様、ドル円などの人気通貨が業界最狭水準スプレッド(原則固定,例外あり)で、FXネオで使える取引用のツールや独自チャートが非常に見やすく、初心者にオススメです。
数多くあるFX会社の中でもアカウントを持っておきたい会社の一つでしょう。

取引(エントリー)タイミングを掴むための取引手法

ここまでで、時間帯の違いによる市場の特徴を理解できたと思います。初心者の場合、どのタイミングからトレードすべきかを判断するのが難しいものです。
以下にご紹介するライントレード手法やブレイクアウト手法の考え方をマスターすれば、相場に参戦できるレベルになります。

また相場につきものの、ダマシについても解説しましたので参考にしてみてください。

ライントレード手法

ライントレード手法はトレードの王道ともいえる手法ですので、是非マスターしましょう。
ライントレード手法には、水平線やトレンドラインを引いて、そのラインがブレイクしたらその方向についていく方法です。

チャート上に引いたラインが「レジスタンスライン」や「サポートライン」の役割を果たし、そのようなラインにロウソク足がタッチして跳ね返るのを確認して、売りや買いで参戦します。

FXエントリーポイント

日足や4時間足といった長い時間軸で上方向(または下方向)、さらに5分足や15分足といった短い時間軸でも同じ方向である事を確認してからエントリーする場合は「順張り」(その反対は逆張り)となります。

順張りはトレンドが発生するとかなり長い時間で同じ方向に動くことが多いため、利益を大きく伸ばせるチャンスになります。

ライントレード手法で中々勝てないという方は、長い時間軸と自分がトレードする時間軸が共に同じ方向にある場面でトレードすることと、この後でご紹介する「プルバック」を確認してから入るといいでしょう。

順張りは特にFX初心者にはおすすめの方法ですので、しっかりと考え方をマスターしてください。

ブレイクアウト手法はライントレードの応用

ライントレード手法でご紹介した「レジスタンスライン」や「サポートライン」を抜けた場面でエントリーする方法がブレイクアウト手法になります。

ブレイクアウト手法は相場がいったんブレイクすると、その方向に大きく価格が動くことが多いため、短期間で大きな利益が狙いにいける手法です。

代表的なブレイクアウト手法としては大きく分けて5種類あります。
これらの他にもいくつかの型が組み合わさっている場合もあります。
それでは簡単にご紹介していきましょう。

代表的な5つのブレイクアウト手法
  • アセンディングトライアングル(安値切り上げ型)
  • ディセンディングトライアングル(高値切り下げ型)
  • ペナント(シンメトリカルトライアングル、三角持合い後のブレイク)
  • フラッグ(上昇フラッグと下降フラッグ)
  • ボックス型

アセンディングトライアングル(安値切り上げ型)

アセンディングトライアングルは、上昇の途中でいったんレジスタンス付近を上抜けずに揉み合いとなります。

しかし、下値もどんどんと切り上げてきて最終的にはレジスタンスをブレイクし、上昇再開となります。

FXエントリーポイント

ディセンディングトライアングル(高値切り下げ型)

ディセンディングトライアングル(高値切り下げ型)は反対に下降の途中でサポートを抜けずに揉み合います。

しかし上値を徐々に切り下げてきて、最終的にサポートを下抜けて下落を継続していきます。

FXエントリーポイント

ペナント(シンメトリカルトライアングル、三角持合い後のブレイク)

ペナントは上昇または下降の途中で三角持合いを作ります。

上方向への切り上げと下方向への切り下げが同時に起こりますが、最終的には上か下のいずれかの方向にブレイクしていきます。
FXエントリーポイント

フラッグ(上昇フラッグと下降フラッグ)

フラッグには上昇フラッグと下降フラッグがあります。

レジスタンスの位置で徐々に切り下がってくるものの最終的に上にブレイクするのが上昇フラッグ。
反対方向に向かうのが下降フラッグです。
FXエントリーポイント

ボックス型

ボックス型はレンジ相場が形成される場面でのレンジブレイクでトレードする手法です。

長いレンジでは後述する「ダマシ」もたびたび起こりますので、戻りを待つなど慎重かつ辛抱強くトレードすることがコツとなります。
FXエントリーポイント

FX初心者が注意したいタイミング!ダマシ(騙し)

ライントレード手法やブレイクアウト手法を使ってエントリーしたものの、特に初心者のうちは大きな失敗をすることがあります。

その原因が、かなりの頻度で発生する「ダマシ(騙し)」です。

ダマシとは揉み合いやチャンネルなどをブレイクするよう見せかけ、その後で何事も無かったかのように元の位置に価格が戻ることです。
つまり、ブレイクは見せかけだけだったというわけです。

このダマシを避けるための有効な方法はあります。
下のチャート図をご覧ください。

その方法とはプルバック(Pullback)とも呼ばれる赤丸で囲った部分の「戻り」を確認してからエントリーすることです。

戻ったのを確認し、再び思惑通りにサポートライン(またはレジスタンスライン)抜けした場合、その抜けた価格から数pips下(または上)からエントリーするのです。
FXエントリーポイント

このような場面では、ダマシが発生した分だけ売りの圧力が高まっていることも考えられます。

慎重に下抜けを確認した後で参戦してくるトレーダー達の売りも誘って、このような場面の価格は急落していくことが多いものです。

筆者も個人的にはどちらかといえば、トレンドラインを引いての押し目買いよりはブレイク手法による売りのほうが好きです。
特にブレイクしてからの売りは勢いづくと、短期間で大きく利益を伸ばせることが多いからです。

効率良いトレードも可能なことから辛抱強くその瞬間を待ち、積極的に仕掛けるようにしています。

またブレイクが発生すると戻りらしい戻りが無く、抜けた方向にそのまま価格が急上昇(あるいは急落)することがあります。

一度相場が大きく抜けた方向に動くとかなりの勢いになりますので、中々押し目や戻りのポイントが無く、指をくわえて傍観するしかないという状況になることもたびたび起こります。

このような状況が何よりも悔しいと感じる方は 上のチャートで抜けた位置(青丸のダマシとなるポイント)から打診売り(あるいは打診買い)するというのも手です。

ただし、このチャートの例のようにダマシに遭う確率も高くなります。
この場合、すぐに損切りできるように逆指値を入れておくか、チャートから目を離さずにダマシと判断したら、すかさず損切るようにしましょう。

取引(エントリー)タイミングを掴むのにおすすめのFX2社

今回の記事では、FX取引における重要な取引時間帯や、エントリーポイントを見つけるための代表的な取引手法について解説しました。

トレードで成果を出すには常に色々なことを学び、それを実践で活かしていくことが大切です。
今回ご紹介したことに限らず、日々研究していく姿勢でトレードに望んでみましょう。

特に初心者の場合、最初は小額からはじめ、出来るだけリスクを抑えるのが良いでしょう。
そうすると、最初のFX口座選びも重要になって来ます。
小額から取引が出来、スプレッド(取引手数料)など取引コストが少なく、取引操作に早く慣れるため、簡単で分かりやすいツールを提供している業者がおすすめです。

それらの点を重視した上で、最後にFX初心者におすすめのFX会社を2社紹介します。
ぜひ業者選びの参考にしてください。

ヒロセ通商(LION FX)
ヒロセ通商(LION FX) 初心者向けなドル円やユーロ円などが業界最低水準のスプレッド(原則固定,例外あり)で、使い勝手の良い取引画面で人気の業者。
27の注文方法によって、注文から決済までを一度設定しておくと、ほぼ自動でエントリーや利確・損切り注文ができます。
LION FXならLION分析ノートによって簡単に自分の過去トレードの分析もできます。
GMOクリック証券(FXネオ)
GMOクリック証券(FXネオ) FX業界で多くのトレーダーから圧倒的な支持を集めている業者です。
LION FX同様、ドル円などの人気通貨が業界最狭水準スプレッド(原則固定,例外あり)で、FXネオで使える取引用のツールや独自チャートが非常に見やすく、初心者にオススメです。
数多くあるFX会社の中でもアカウントを持っておきたい会社の一つでしょう。
おすすめの記事