FX初心者の失敗パターンを分析!成功確率を上げる方法を解説

FXをこれから始めようと思っている方やFXを始めたばかりでなかなか勝てない方は「なぜ初心者が失敗するのか」を知っておきたいですよね。初心者が陥りやすい失敗パターンやその対処法の知識があれば、失敗する確率はぐっと下がります。

そこで本記事では、初心者が失敗する要因や、それを回避して成功確率を上げる方法をご紹介いたします。

FX初心者がやりがち!失敗する主な原因5選

成功への第一歩は、失敗の「原因」を知るところから。FXの初心者トレーダーがやりがちなよくある失敗原因を5つ見ていきましょう。

①FXの基本を学ばないままトレードする

「FXが流行っている、取引ルールがシンプルそう」という理由で「やっているうちに慣れるだろう」と考え、知識のないままトレードを始める方は少なくありません。

FXの取引単位やいくらまで損したら損切りされてしまうのかなどを理解しないまま取引すると、どうしても失敗する可能性は高くなりがちです。
取引を始める前に、最低限のルールは学び、その上でFX投資にチャレンジしてみましょう。

②分析方法を知らないまま、勘で取引する

FXの分析手法にはさまざまなものがありますが、中でもチャートを読む「テクニカル分析」をトレードに活かす方は多いです。

しかし、テクニカル分析の基礎さえ知らないまま、経験がない中で自分自身の「勘」を頼りにトレードする方もいるのも事実です。
根拠がないままに繰り返すトレードは、失敗しやすくなります。基礎的な分析方法や根拠をもってトレードすることが、成功への近道です。

③損切りができずロスカットされてしまう

初心者の方は、損切りが苦手な人が多い傾向にあります。
少しでも損をすると、それを取り返そうと様子をみてしまう方も少なくありません。そして、ずるずると損が大きくなる取引を続けてしまいます。

損失を最小限に抑えないと、利益よりも損失が積み上がりがちです。
最低限の損失と最大限の利益を積み上げる「損小利大」を実現するなら、損失は最小限のうちに取引を終えるのがスマートです。

また「ロスカット」についても、理解して取引を行う必要があります。ロスカットとは、損失が大きくなって純資産額が必要証拠金を割り込んだとき、ポジションが自動で決済される仕組みのことです。「気がついたときにはロスカットされていて大損」というケースも少なくありませんので、ご注意ください。

④ポジポジ病になっている

常にポジションを取っていないと機会損失をしていると思ってしまうのが「ポジポジ病」です。
予測が難しい相場では、あえてポジションをとらないというのも一つの戦略です。
機会損失を恐れるあまり余計な取引をしてしまうのは、得策ではありません。
自分がポジポジ病にかかっていると感じた際は、取引を開始する前に「ここでポジションを取ってきちんと見通しが立てられるのか?」と冷静になってみると良いでしょう。

⑤失敗したトレードを記録していない

「失敗は成功のもと」はよくいったもので、FXではトレード記録が、自分の負けパターンを知るいい機会になります。
もし失敗を記録していないと、同じ失敗を繰り返し、感情に振り回されるトレードスタイルになってしまいがちです。

失敗した際は、記録をしっかりつけておき、分析の参考にしてみてください。

FXイメージ

【具体例】よくあるFX初心者の失敗例と解決手段3選

これまでの解説で初心者に多いFXで失敗するケースは分かったものの、いまいち実感が持てないという方もいるのではないでしょうか。

そこで、ここでは具体的な失敗例と解決手段を3つ解説します。
ぜひ、失敗を回避するために参考にしてくださいね。

【失敗①】直感でトレードした結果、ロスカットの悲劇

1つ目は直感トレードで失敗したAさんの事例です。
FXを始めたばかりのAさんは、米国が好調だと聞いて米ドル/円で取引開始した駆け出しトレーダー。
利益の伸ばし方や損切り方法がいまいち分からない、自分の直感に頼った取引を繰り返し、なかなかうまくいきません。

小さな損を繰り返して焦ったAさんは、巻き返すつもりで損失が広がりつつあるポジションを決済しないままでいると、気がついたらロスカットされていました。これは典型的な「直感トレード」での失敗パターンですね。

【解決①】テクニカル分析の基本を知って取引しよう

この事例のひとつの解決方法として有効なのが、勘に頼るのではなく「テクニカル分析」の基本を知って取引することです。

例えば、大まかなトレンドが分かる「移動平均線」は、相場の動きをチェックするのに最重要な指標の一つです。この「移動平均線」を利用したテクニカル分析する際の「売買サイン」として、以下の2つは絶対に押さえておきたいポイントです。

ゴールデンクロス
買いサイン。短期と中期の2本の移動平均線をチェックして「短期線が中期線を下から上に抜いた」ところを示す。
デッドクロス
売りサイン。短期と中期の2本の移動平均線をチェックして「短期線が中期線を上から下に抜いた」ところを示す。

この基本的な売買サインのほか、ロスカットについても知っておきたいところ。ロスカットがなければ、知らず知らずのうちに莫大な損失を抱えてしまうこともあります。

一般的には、預けた保証金以上の損失とならないよう、保証金が一定額を下回るタイミングで、強制的に決済(ロスカット)されます。知識として覚えておきましょう。

【失敗②】難しい「損切り」、膨れあがる損失

2つ目の事例は、損切りを失敗してしまったBさんのケースです。
FXを始めたばかりのBさんは、普段から損切りのタイミングを図るのが苦手です。
ある日、損切りを迷っている間に大きな為替変動が起こり、あっという間にロスカットラインまでいってしまいました。
この場合、どうすればよかったのでしょうか。

【解決②】投資家心理を学ぶのも解決策に!

感情に振り回されないトレードを行うには、「プロスペクト理論」をはじめとする投資家心理を学ぶと良いでしょう。

プロスペクト理論とは、簡単にいうと「人はデータや情報から機械的に判断するのではなく、状況などからデータを無視した判断をしてしまう」というものです。

一般的に人は損失に注目しやすい傾向にあります。そのため、収益が出ている場合はさらに上昇する見込みがあっても早々に利益確定をしてしまったり、損失が出た際はそれを取り戻そうとよりリスクを取ってしまう傾向にあります。

気づいたらロスカットという事態を防ぐためにも、投資家心理を学んでミスを犯さないように注意しておくのがおすすめです。
ちなみに、 ロスカットラインは取引する業者によって異なるので、事前にいくらでロスカットされるのかはしっかり確認しておきましょう。

【失敗③】同じ失敗を繰り返し、毎回損失

最後に紹介するのは、ついつい同じ失敗を繰り返してしまうCさんの事例です。

Cさんは元手50万円を用意してFXを始めたものの、毎回同じ失敗を繰り返し、気づけば元手が半分になってしまいました。
失敗の内容は「損切りタイミングを失ってポジションを保持し続ける」「投資すべきタイミングで余剰資金が無い」「結局保持していたポジションはマイナス決済」の3点。
同じ失敗を繰り返さないためには、対策が必要です。

【解決③】取引記録をつけて同じ失敗を繰り返さない!

実はCさんの事例はよくある失敗パターンの一つです。
感情に振り回されたトレードは、意外と自分では気づけないものです。
そこで 取引記録をしっかりつけておくと、いつどんな失敗をしたのかがデータとして蓄積できます。
そうして自分の負けパターンを分析することで、ミスを予防して勝率を上げられるのです。

記録のつけ方は人それぞれ好みがありますので、手書きノートや投資アプリなど媒体は問わず、自分が継続しやすい方法で記録しましょう。

初心者には少額からの取引がおすすめ!

初心者はまず取引に慣れるまで、1通貨や1,000通貨などの小ロットから取引できるFX業者がおすすめです。FXのルールや基礎を学びながら、実際の相場で少額からしっかり経験が積み重ねていきましょう。

FXは初心者でも取り組みやすいシンプルなルールが魅力ですが、何も知らないまま勘で取引を繰り返し、ロスカットされてすっかり自信をなくしてしまうトレーダーも少なくありません。

まずは基本に立ち返り、感情に振り回されず、自分が決めたルールに沿ったトレードを心がけるのがコツです。少額取引で経験を積んで、ぜひ自分なりの「勝ちパターン」を探してみてください。

初心者におすすめ!少額から始められるFX業者

業者名 キャッシュバック 最低取引単位 公式サイト
LINE FX 最大55,000円 1,000通貨単位
松井証券FX 上限無し 1通貨単位
LIGHT FX 最大50,000円 1,000通貨単位
おすすめの記事
初心者でもFXで月100万円稼げる!今日から試せるトレード練習法とおすすめ業者3選を紹介
FXで稼ぐ人から学ぶ手法
初心者でもFXで月100万円稼げる!今日から試せるトレード練習法とおすすめ業者3選を紹介
FXをはじめたばかり、これから始めようと思っている初心者でもFX取引で月100万円稼ぐことは可能でしょうか?トレードにはさまざまな手法があり、また精神的にも整った状況でなくてはいけません。そこで、今日から試せるトレード練習法を紹介します。分かりやすく解説していきますので、ぜひ参考にして下さい。