【2024年】ビットコイン(BTC)・仮想通貨は今後どうなる?AI予想などを解説

※この記事はアフィリエイト広告を利用しています

ビットコインをはじめとする暗号資産(仮想通貨)はその価格が急上昇することもあれば暴落することもあり、ハイリスクハイリターンな投資対象だとも言われています。

また株式や金と違い、ビットコインは新しい金融資産として注目集める一方で、その将来性について否定的な意見を持つ専門家も少なくありません。

そこで今回は、仮想通貨の代表格であるビットコインの概要から今後の見通し、専門家らなどによる価格予想について解説します。

お得なキャンペーン実施中の仮想通貨取引所
業者名 キャンペーン 公式サイト
bitbank 画像 現金1,000円
プレゼント
※エントリー後1万円以上の入金で
SBI VCトレード口座開設手順、キャンペーンやVCTRADE Proの特徴を解説! 【期間限定】抽選で1万円相当の
お肉カタログギフトをプレゼント
※詳細は公式サイトで確認

ビットコイン(BTC)の概要と現在の価格

ビットコイン概要
まずビットコインの概要を簡単に紹介します。

ブロックチェーン名 Bitcoin

(ビットコイン)

ティッカー BTC
公開日 2009年01月03日
過去最高価格 約776万円
(2021年11月8日)
時価総額ランキング 1位(2023年02月時点)
公式サイト https://bitcoin.org

直近のビットコインの価格推移をみてみましょう。






【2023年12月時点】ビットコイン・仮想通貨は今後どうなる?

2023年1月から2023年12月までのビットコイン(BTC)の値動きを確認してみます。

2023年は、2022年の間に起こったネガティブな要因から回復するような動きではじまった1年でした。

2022年はステーブルコインを発行するテラプロトコル(Terra Protocol)の仮想通貨「LUNA」の大暴落による崩壊、12月には大手仮想通貨取引所のFTXが破産など相場に悪影響を及ぼす出来事が多くありました。

2023年の春には世界最大の資産運用会社が現物ビットコインETFの申請を行い、11月から12月にかけてビットコインETFが承認される可能性への期待の高まりから上昇しました。

2022年5月【約380万円】:テラ崩壊

2022年5月のビットコインも16.3%の下落を記録しています。

関連するニュースとしてステーブルコインを発行するテラプロトコル(Terra Protocol)の仮想通貨「LUNA」の大暴落があります。この「LUNA」の価格はわずか1週間で100万分の1まで急落しました。

これに伴い「LUNA」に裏付けされたステーブルコイン「UST(Terra UST)」も1ドルの価値を持つはずが、その価値を維持できなくなりました。

このテラの崩壊の影響は他の仮想通貨に波及し、ビットコインをはじめほとんどの仮想通貨が価格を落とすことになりました。

2022年6月【約260万円】:米国の消費者物価指数が予想上回る

2022年6月のビットコインは33.8%も価格を落としています。

大幅な価格下落の要因として挙げられているのが、
米労働省が6月10日に発表した5月の消費者物価指数(CPI)が40年ぶりとなる前年同月比8.6%の上昇となったことです。これによってリスクオフムードが強まり、リスク資産であるビットコインの価格も下落していきました。

2022年11月【約230万円】:大手仮想通貨取引所FTX破産

一連のFTXの破産までの道のりは、11月初旬にFTXの財務状況の健全性が怪しいという報道をきっかけに始まりました。すぐにバイナンスがFTXの買収を検討するものの翌日に撤回。結果、FTXは破産。その余波は他の企業にも飛び火し、仮想通貨最大手レンディングのブロックファイ(BlockFi)も破産を申請することとなりました。

業界に大きな影響を与えることとなった一連の出来事を受けて、11月後半にかけては1BTCあたり230万円前後を推移する形になりました。

2023年6月【約430万円】:規制と現物ETF

香港の「香港特別行政区立法会」の議員であるジョニー・エン氏が6月10日、世界中の暗号資産取引所に向けて「香港市場でのプラットフォーム展開をサポートする」と支持を表明しました。
また世界最大の資産運用会社であるブラックロック(BlackRock)やウィズダムツリー(WisdomTree)などが現物ビットコインETFを申請してしているとの報道があり、これらポジティブなニュースがビットコインの価格を押し上げました。

2023年12月【約640万円】:ビットコイン現物ETF

世界最大手の資産運用会社であるブラックロックの現物ビットコインをベースにしたETFの申請やグレースケールの裁判の動向など、現物ビットコインETFの上場承認の期待が高まりました。
2024年1月にはARKの申請が初めてSECの承認判断最終期限を迎えることになり、その動向が注目されています。



今後の仮想通貨・ビットコインの予想・見通し

ビットコイン今後の予想
ビットコインの価格に大きな影響を及ぼすとされているのが「半減期」です。

「半減期」とは、マイニング報酬が半分になることです。マイニング報酬は、新しく流通するビットコインでもあり、ビットコインでは約4年に一度このマイニング報酬が半額になります。

ビットコインはこれまでに2012年と2016年、2020年と3回の半減期がありました。そしてどの半減期の後にも価格は上昇する傾向があります。

次回のビットコインの半減期は、2024年3月から2024年6月に半減期を迎える可能性が高く、執筆時点での推定では2024年4月3日ごろとなっています。

このような特徴を踏まえて、仮想通貨業界の著名人やAIはビットコインの今後についてどのような見通しを立て、価格を予想しているのでしょうか?

ティム・ドレイパー:25万ドル(約3600万円)

米投資家でビットコイン強気派として知られるティム・ドレイパー(Tim Draper)氏は2023年7月11日、2023年始めにはビットコインが25万ドルに到達する予想していたものの、アメリカの仮想通貨業界に対する規制強化を予想できていなかったとしつつ、2025年までに25万ドルに到達すると予想しています。

参考Bitcoin Is Here to Stay, Tim Draper Says

ベンジャミン・コーウェン:10万ドル(1380万円)

仮想通貨アナリストであるベンジャミン・コーウェン(Benjamin Cowen)氏は、ティム・ドレイパー(Tim Draper)氏の2023年始にはビットコインが25万ドル(約3,400万円)になるとの予想に対して「高すぎる」とし、2023年中のビットコインの価格は10ドル(約1380万円)程度だろうととの予測を明らかにしています。

参考:Crypto Influencer Benjamin Cowen Doubts Tim Draper Bitcoin $250k Prediction 2023

トーン・ベイズー:30万ドル(約4,200万円)

JPモルガンの元アナリストでビットコインの著名アナリストとしてSNS上で知られているトーン・ベイズ(Tone Vays)氏は、自身のYouTubeチャンネルで2023年3月5日に投稿した動画の中で、「2025年までにビットコインが30万ドル(約4,200万円)まで上昇する可能性がある」と話した。

その一方で一時的には2万ドル(約270万円)まで下落する可能性も指摘している。

参考:Silvergate Bank Still a Concern!

ロバート・キヨサキ:50万ドル(約6,700万円)

『金持ち父さん 貧乏父さん』の著者としても知られるロバート・キヨサキ(Robert Kiyosaki)氏は、2023年2月13日、自身のツイッターアカウントに2025年までにビットコインが50万ドル(約6,700万円)になるとの予想を投稿。その理由として米ドルの信頼の崩壊を挙げています。

トム・リー:18万ドル(約2,600万円)

Fundstrat Global Advisorsのアナリストであるトム・リー(Tom Lee)氏は2023年8月16日CNBCの番組に出演し、ビットコインの現物ETFが承認されれば5倍以上価格が上昇し、2024年の4月までにビットコイン(BTC)の価格が18万ドル(約2600万円)に到達すると予想しています。

スタンダードチャータード銀行:12万ドル(約1,700万円)

ロンドンに本拠地を置くスタンダードチャータード銀行は2023年7月10日、ビットコイン(BTC)の価格は2023年内に5万ドル(約725万円)まで上昇し、2024年末までに12万ドル(約1740万円)に到達する可能性を示しています。

参考:Standard Chartered boosts 2024 bitcoin forecast to $120,000

マトリックスポート:12万5,000ドル(約1,700万円)

暗号資産(仮想通貨)サービスプロバイダーのマトリックスポート(Matrixport)は、ビットコイン(BTC)が2024年4月までに63,140ドルに近づき、2024年末までには125,000ドル(約1835万円)に達すると予想しています。



AIによるビットコイン(BTC)の価格予想

AIを活用したビットコイン価格の予想について紹介します。

AIのビットコイン予想①【Digital Coin Price編】

AIを活用した仮想通貨の価格予想を発表しているデジタルコインプライス(Digital Coin Price)は、2023年8月時点で2032年までのビットコインの価格について次のような予想を発表しています。

最高価格 円換算
2023年 $58,321 ¥8,456,512
2024年 $68,398 ¥9,917,771
2025年 $96,416 ¥13,980,387
2026年 $121,719 ¥17,649,259
2027年 $121,719 ¥17,649,259
2028年 $145,712 ¥21,128,240
2029年 $198,728 ¥28,815,560
2030年 $277,077 ¥40,176,165
2031年 $381,464 ¥55,312,280
2032年 $512,335 ¥74,288,575

円換算:ドル円=145円で計算

AIのビットコイン予想②【Coin Price Forecast編】

もう一つのAIを利用したビットコインの価格予想を発表しているサイトが「コイン・プライス・フォーキャスト(Coin Price Forecast)」です。

同サイトでは2023年8月時点で2034年までのビットコインの価格予想が公表されています。各年の年末時点のビットコインの予想価格は次の通りです。

 

年末価格 円換算
2023年 $28,482 ¥4,129,890
2024年 $37,570 ¥5,447,650
2025年 $48,252 ¥6,996,540
2026年 $49,677 ¥7,203,165
2027年 $49,739 ¥7,212,155
2028年 $49,225 ¥7,137,625
2029年 $56,580 ¥8,204,100
2030年 $63,830 ¥9,255,350
2031年 $70,989 ¥10,293,405
2032年 $78,069 ¥11,320,005

円換算:ドル円=140円で計算
出典:出典:Coin Price Forecast



まとめ

これまでのビットコインの価格推移を考えてみても、専門家とAIの予想ではこれからビットコインの価格が上昇していくだろうとする判断が多いようでした。

長期的には1BTCあたり1000万円を超すだろうとの見方もあり、ビットコインホルダーいとってはとても嬉しい予想ではないでしょうか。

今回紹介した業界の著名人やAIがビットコインの価格は上昇すると判断しても、もしかするとビットコインの価格が暴落することがあるかもしれません。
仮想通貨への投資は無理のない範囲、余剰資金で行うようにしましょう。

ビットコイン始めるなら入出金無料のGMOコインがオススメ

GMO公式サイト

GMOコインの3つの魅力
・日本円と出入金の手数料が無料
・仮想通貨の送付手数料が基本無料
・貸暗号資産サービスで売買せずに資産を増やせる
GMOコインの特徴

GMOコインは、日本円の即時入金と出金の手数料はもちろんのこと、ビットコイン(BTC)の送付手数料、取引手数料などさまざまな手数料が無料です。
少し前に比べ仮想通貨全体の価格が高騰しているなか、送付手数料が無料なのはユーザーにとってとても嬉しい点です。

またグループ会社にはGMOクリック証券などがあることから、仮想通貨のFX取引においても安定したシステムを誇っていることから、比較的GMOコインを愛用している人も多いようです。
また販売所サービスも行っており、そのスプレッドも低めなことから、板取引に慣れていない初心者にとっては仮想通貨を始めるのにぴったりな取引所といえます。

その他にも仮想通貨を貸して年利最大3%の貸借料を受け取ることができるサービスもあり、買った仮想通貨を有効活用できるのも魅力です。
新しい銘柄の追加も積極的に行っている印象があり、今からビットコインをを始めたいと考えている人が口座を作っておいて損はないと思います。

おすすめの記事