30歳からの転職は遅い?きつい?実際の転職状況から成功するためのコツ、おすすめのエージェントを紹介

どうして「30代からの転職は遅い」と言われるのか

実際に20代での転職と30代での転職で大きな違いが出ることはありません。
ただし、求人における応募条件や審査の様子から、30代で転職することは難しく感じられる人が多いことから、30代から転職することは遅いというイメージがついているものと思われます。

では、実際にどのような理由から「遅い」とされているのか、詳しく見てみましょう。

年齢が条件となることがあるから

求人情報を見ると、20代に限定されていたり、35歳までと30代前半であれば対象となっていたりと、年齢を条件に記載していることがあります。
「どうして年齢を条件にするのか」という点ですが、それは人材に求める内容が関係しています。

20代であれば、「ポテンシャル採用」とも言われるように、実務経験がなくとも今後仕事を覚えていくための時間もあり、体力的にも問題ないというイメージがあります。
そして30代の場合は、20代ほどのポテンシャルはないと考えられるものの、ある程度の社会経験を持つことによる柔軟性や効率的な業務習得によるコスパの高さなどを期待して採用するといったことがあります。

ただし、30代後半ともなると話は変わります。
社会経験が逆にありすぎることで会社の風土に馴染めないのではないかという懸念や、育成して仕事に慣れてきた段階でほぼ40代になってしまうという、育成コストに対する費用対効果の点で、あまりメリットを感じられないと思われてしまうことがあります。

上記の点から、30代後半からの転職となると、未経験の異業種は特に難しくなります。
また、求人の条件には年齢が記載されていないものの、結局はポテンシャルを重視されてしまい、書類を送った時点で審査に通らないといったことも少なくはないでしょう。

このように、求人する企業側から年齢に関する条件があることも、30代からの転職は遅いと感じられる要因のひとつになります。

30代となったことでデメリットが増えてしまう

30代ともなるとある程度の生活基盤もできており、人生設計についても準備を始める段階でしょう。
例えば、車やバイクなどを購入したり、住宅を購入したりすることを検討していてもおかしくありません。

しかし、30代というタイミングで転職してしまうと、金銭的なデメリットがいくつか発生します。

まず、勤続年数がリセットされる形になるので、ローンを組むのが難しくなります。
長く勤続していることにより、安定して支払いが続けられるであろうという信用があってローンを組むことができていたものが、また一からのスタートとなるため、その信用もなくなってしまいます。

また、未経験の異業種へ転職した場合、年収が下がってしまう可能性は高いでしょう。
実績もなく、ほぼ新卒に近い能力であると判断されてしまうため、最初から高い給料を望むことは難しいです。

年齢によって税金周りも上がっていくため、その点も踏まえての給与になるとは思われますが、逆にそれが20代の若手を採用するよりもコストがかかってしまうという印象にもつながりがちです。
転職してもなるべく年収を落としたくない場合は、即戦力になれるような、実績が十分にある業種を狙う必要があります。

もし20代であれば、そこまでローンや年収については注意する必要がなかったものの、30代の場合はローンが組みにくくなること・年収が下がる可能性が高いことという、今度は求職者サイドにデメリットが生じるために、20代のうちに転職しておいた方が良いというイメージが生まれたのかもしれません。

30代で転職する主な理由

上述したように「30代からの転職は遅い」とされる理由が、求人する企業側・転職する人側それぞれにありますが、実際には30代からの転職は多く行われています。
デメリットや高い難易度があるにも関わらず、なぜ30代になって転職が行われているのか、厚生労働省の「雇用動向調査」に理由がいくつか記載されているので、参考に見ておきましょう。

理由 仕事内容に興味が持てない 能力等を活かせなかった 職場の人間関係 会社の将来への不安 給与面での不満 労働条件が悪かった その他(結婚、介護、定年など)
男性:30~34歳 10.1 4.7 6.3 9.5 14.8 7.2 47.4
男性:35~39歳 10.3 4.0 5.3 8.9 8.2 9.8 53.5
女性:30~34歳 3.6 2.4 7.8 4.6 8.4 8.3 64.9
女性:35~39歳 3.0 6.8 10.0 6.7 6.8 9.6 57.1

参考:厚生労働省 雇用動向調査「転職入職者の状況」(PDF)
https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/koyou/doukou/22-2/dl/kekka_gaiyo-04.pdf

上記は令和3年(2021年)に厚生労働省が行った「雇用動向調査」の結果における「転職入職者の状況」から、男性と女性それぞれの30代(30~39歳)までの転職理由を抜粋したものになります。
結婚や親の介護など個人に基づく理由でないものは除き、給与面や労働条件に関するものといった個人の理由に注目してみましょう。

まず、男性は30代全体で「仕事内容に興味が持てない」という理由で転職した人が比較的多く、30代前半では「給与面での不満」が、後半となると「労働条件の悪さ」に集まっている傾向があります。
「労働条件の悪さ」は女性の30代後半も同等の数値となっており、30代後半になって役職に就いたことで多忙となったことや20代のときと比べて体力・精神的に辛くなってきたことなどが考えられるでしょう。

逆に女性の場合は「仕事内容に興味が持てない」と答える人は少なく、「職場の人間関係」に基づく理由が男性に比べて高くなっており、30代後半の女性においては単体で最も多い理由となっています。
また、女性の30代後半では「能力等を活かせなかった」という理由が他と比べても高めであり、女性の方が興味・関心よりも自身が業務の中でどれだけ活躍していけるかを気にかけていることが分かります。

給与面や仕事への興味については、自身の働きで変わる可能性がありますが、人間関係や労働条件などの外部も関わる要因は自分の力だけでどうにかなるものではありません。
長時間労働や辛い環境での仕事を続けた結果、心や体を痛めて働けなくなってしまう方が大きなデメリットとなるので、そういった点で考えれば、30代でも転職するのは遅くないと言えるでしょう。

実際の30代転職状況

もうひとつ参考に、実際の転職率を見てみましょう。
こちらも令和3年の雇用動向調査結果に記載されているもので、男女別の転職入職率を表しています。

参考:厚生労働省 雇用動向調査「転職入職者の状況」(PDF)
https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/koyou/doukou/22-2/dl/kekka_gaiyo-04.pdf

30代の転職入職率に着目すると20代に比べて少なくはなっていますが、30~39歳までの合計値で男性は17%、女性ともなるとほぼ20%の人が転職しています。
20代の間は、先述した通りに求人内容に記載されている年齢の条件をクリアしやすいことや、「第二新卒」として転職しやすいということもあるために高いと考えられますが、それと比べても30代では決して少なくない数が転職に成功しています。

実際の数値から見ても、30代での転職はそうおかしいことではないと思われます。

30代で転職した人たちの体験談

転職サイトではいくつか実際に転職した30代の人たちが体験談を述べているものもありますので、その中から一部参考に紹介していきます。

年齢に対して現職では年収が低く、また退職金制度などもないため、将来的な不安があったことから転職活動を開始した。
年収を上げることを目的として経験者採用の職種に絞り、そのうえで企業研究などの準備を行った結果、無事転職に成功した。
当初は1~2社程度に応募する形だったが、書類選考で落ちるということも少なくなかったので、途中で応募を増やすことで複数社から内定をもらうことができた。
【引用:エン転職 ミドルの転職体験レポート
社会情勢が変わって、別の業界に転職した方が良いと考えたことから転職活動を始めた。
希望の職種に対しては、35歳という年齢の問題と業界未経験であることから難しいと思っていたが、エージェントのサポートが厚く、そのおかげで希望通りに転職できたのはありがたかった。
いくつか内定はもらったものの、検討したい旨を伝えると高圧的な態度を取られたこともあり、本当に自分で納得できるものを選ぶのが結果的に良いと思う。
【引用:エン転職 ミドルの転職体験レポート
契約社員として働き、特に現状に不満もなく、やりがいはあったが、関連会社に出向した際に職場環境が大きく変わってしまい、転職を決意した。
年齢としても37歳と遅い段階ではあったが、1年間かけて転職活動を続けた結果、希望の職種に転職ができた。
途中で内定をもらうことはあったものの、現状から逃げるように転職しては、転職後の会社でも続かないと思い、長期での転職活動を見越したことが成功につながった。
【引用:doda わたしの転職エピソード
全体的には年齢に不安があったものの、その年齢で現状の年収・立場・環境ということに問題を感じ、転職に至ったケースが多く見受けられました。
また、短期間の転職活動というよりも、年齢で焦らず、長い目で慎重に活動していくのが結果的に良かったと感じる人も多いようです。

30代の転職で成功するコツ・ポイント

20代に比べるとマイナス面しかないように感じるかもしれませんが、30代には30代の強みというものも存在します。
そのため、転職活動を行う際にはその強みを活かしていくことで、より良い転職ができるようになります。

それでは、数値から実際の転職状況を確認できたところで、どうすれば30代での転職で成功できるか、ポイントやコツをお伝えしていきます。
また、これから30代になって転職をしてみようと考える20代の人にも、どのように準備をしていけば良いのかの参考になると思われますので、覚えておいてください。

転職市場の動きに注意し、慎重に検討する

景気や時期によって、「転職しやすい時期」と「転職しにくい時期」が生まれることがあります。
景気が良いときは企業も人材確保に励み、さまざまな求人が出てくるうえに採用されやすい「売り手市場」になりますが、景気が悪くなると求人数自体も減って採用審査も厳しくなる「買い手市場」となります。

また、時期についても、求人数が多い期間とそうではない期間が存在します。
例年2月・3月、もしくは8月・9月は求人が増える傾向にあります。

前者は新卒の採用シーズン、後者は下半期の体制強化に向けて人材需要が高まるためです。

転職しにくい時期に無理やり転職しようとすると、そもそも募集が少ないためにあまり興味のない職種に応募してしまって、転職してからもモチベーションが上がらず、また転職活動に戻ってしまうといったことや、採用されにくいために何社も面接だけを行い、時間と体力だけを無駄に使ってしまうということが考えられます。

そのため、基本的には転職しやすい時期に転職活動に注力するようにしましょう。
そして、焦って勢いで転職するのではなく、条件に納得できるか・続けていける仕事か・会社の雰囲気は自分と合っているかなどを考えて、ゆっくりと慎重に検討していくことが大事です。

会社を辞めてから、転職活動しない

これは30代に限らず、転職を考えている人全般に言えることですが、今いる会社を辞めてから転職活動を行ってはいけません。
退職するのは「転職先が決まってからがベスト」ともされており、会社を辞めて転職活動するのはデメリットしか存在しないためです。

まず、退職後は次の職場が決まるまで「無職」の状態となってしまい、履歴書には空白期間が生まれてしまいます。
採用担当者から見れば、空白期間が長ければ長いほど「この間に何をしていたのだろう」と疑問を抱かせることとなってしまい、その理由次第では面接で不利になることもあります。

また、給与もないことから生活面でも苦労することになり、「とりあえずどこか就職してしまおう」と焦ってしまう原因にもなります。
上述した通り、転職活動は慎重に行う必要があるため、収入がない状態では不可能です。

以上のことから、どうしても辞めなければいけない理由が無い限りは、今の会社で働きながら転職活動をしていくことをおすすめします。
30代ともなると、会社での関係性もある程度構築できていると思われますので、もし可能であれば上司に転職したい旨とその理由を相談してしまうのも良いかもしれません。

ただ、会社を辞めるからと投げやりになって、他の社員や上司との関係を悪化させてしまったり、業務をおろそかにしたりすると、いざ退職する際に希望のタイミングで辞めることができないなどのトラブルにつながることもありますので、注意するようにしましょう。

転職の目的や目標をポジティブにまとめておく

採用面接では必ず転職理由を問われることになります。
その理由としては、転職してからも長期的に働いてくれるのかという疑問だったり、応募してきた人材が本気で転職したいと考えているのかを確認するためだったりします。

先ほど紹介した転職の理由にも「仕事内容に興味が持てなくなったこと」や「給与面に不満があったこと」、「職場の人間関係に問題があったこと」などがありましたが、正直にこの通り伝えてしまうのは悪い印象を与えてしまいます。
例えば「仕事内容への興味」であったら「より専門的な知識・技術を身につけたかったから、キャリアアップのために転職したい」ということにするなど、転職したい意思がポジティブなものであるように伝える必要があります。

そのため、転職の目的や目標を改めてまとめておくことで、自分が本当に転職したいのか、どんな職種で働きたいのかを見直すきっかけにもなります。
上述した転職市場の様子から、転職しにくい時期にはこのように準備しておくと、落ち着いて効率的に転職活動に臨めるようになるでしょう。

希望の業種に関係する資格を取っておく

経理関係では簿記、IT関係では基本情報技術者資格など、その業種に関係する資格を取っておくと、書類審査や面接で有利な要素となります。
実務経験が重視されることもありますが、年数によっては資格取得に伴う知識が優先されて、採用に至ることもあります。

また、後述する実績があることも重要ですが、関係する資格があると実績への信憑性も高まります。
分かりやすい判断材料になりますので、希望する業種の資格を取り、より採用への成功率を高めるようにすることをおすすめします。

実績を伝えられるように準備しておく

面接時に自分の能力がどれほどのものかを分かりやすく伝えるには、これまでの実績を伝えるのが良いです。
また、面接でも「これまでどのような業務に携わってきましたか?」という質問が来ることも少なくないので、自分の実績をまとめておくと、その時でも上手に伝えることができます。

20代の場合は実績が少なく、採用する側も育成コストがかかるものとして検討しますが、実績のある30代だと即戦力で働くことが可能でコスパが良いと考えてもらえて採用されるということも十分にあるため、実績が多くできるのは20代には無い30代の強みであるとも言えます。

もし明確な実績として伝えられるようなものが無い場合は、現在の職場で実績を積んでおくように準備しておきましょう。

30代からの転職で役立つ転職エージェントサービス

最後に30代からの転職で便利な転職エージェントサービスをいくつか紹介しておきます。
人づてやコネでもない限り、転職の際にはエージェントサービスを利用することになると思いますが、それぞれサービスにも特徴があるため、違いについては理解しておいてください。

また、掲載数や求人の条件も異なることがありますので、ひとつのサービスだけではなく、複数のサービスを利用して転職先を探すのが良いでしょう。

掲載求人数No.1!数で探すなら登録しておきたい「doda」

転職をサポートする転職エージェントサービスの中でも有名なもののひとつ「doda」は全サービスの中でも最多の掲載求人数を誇っています。
多い中から探すのは一苦労かもしれませんが、サービス自体も使いやすく、希望に沿って絞り込むことで、自分に合った求人を見つけることもできるでしょう。

また、カウンセリングを受ければ、担当エージェントから希望の職種や条件に応じた求人情報を親身になって紹介してくれるので、自分で探す手間を省けるというのも大きなメリットです。

スマホアプリもあるため、スキマ時間で探すことも可能です。
まずはどのような求人情報があるのかを確かめるにも、登録しておきたいサービスと言えるでしょう。

公式サイト:https://doda.jp/

20代・30代を対象とした求人が豊富な「マイナビ転職」

マイナビ転職」も有名どころのサービスですが、その特徴として20代から30代を対象とする求人が多いという点があります。
また、dodaほどではないものの求人数も多く、数ある中から選ぶこともできます。

会員限定ではあるものの、登録すれば無料で自身の適正診断を受けられるというのも嬉しいところ。
他にも、女性向け求人に特化した「マイナビ転職 女性のおしごと」も展開されているので、女性には特に使いやすいサービスかもしれません。

dodaなど他の転職エージェントと合わせて、求人探しに活用することをおすすめします。

公式サイト:https://tenshoku.mynavi.jp/

年収・キャリアアップを望むならハイクラス転職の「ビズリーチ」

年収アップもしくはキャリアアップを中心に考えるのであれば、「ビズリーチ」がおすすめの転職エージェントになります。
公開されている求人も年収800万や1,000万などの年収や、管理職としての採用などといった条件があり、企業やヘッドハンターから直接スカウトが届く仕組みになっています。

その分、即戦力として高い能力が求められることとなりますが、逆に年齢をそこまで問われずに済むと思われますため、30代にはぴったりのサービスでもあります。

能力を示すだけの実績が十分にあるかどうか、信憑性を高められる資格を持っているかどうかなど、利用できる人は限られてしまうかもしれませんが、より自身の市場価値を高めていきたいという人ならば、登録しておいて損はないでしょう。

公式サイト:https://www.bizreach.jp/

30代からでも転職は遅くない!自分の魅力を伝えられるように準備を

20代と比べて年齢のハンデはあるものの、これまでの実績や社会経験から得られる問題解決能力などが評価されるため、30代にしかない強みというものは確かに存在します。
現代の社会状況から見ても30代での転職は少なくはなく、結局のところは転職活動を上手に行えているかどうかに関係してきます。

そのためには、現在の職場で実績を積んだり、希望職種に関係する資格を取ったりといった準備の方がより重要になります。

年齢を重ねるほど、特に30代後半までなってしまうと不利な部分も大きくなってきますが、準備をなるべく早く行い、焦ることなく慎重な転職活動を心がけるようにしてください。

おすすめの記事