脱毛中の日焼け、どのレベルなら大丈夫?また、どのくらいの期間で再開できる?日焼け肌でも脱毛可能な施術方法もご紹介!

脱毛サービスを利用する際、いくつか注意事項がある中で特に目につくのが「日焼けはNG」ではないでしょうか。

すでに日焼けしてしまっている、またはこれから日焼けする予定があるけど脱毛したいとお考えの方は、どのレベルの日焼けなら脱毛可能なのか気になりますよね。

そこで今回は、そもそもなぜ脱毛時に日焼けしてはいけないのか、またどれくらいで脱毛を再開できるのかについて解説していきたいと思います。
日焼けしてても施術OKな脱毛方法についての紹介もあるのでぜひ最後までご覧ください。

なお、実際に脱毛する際は施術を受ける医師やクリニック、サロンに相談するようにしてください。

脱毛時の日焼けはレベルに関係なく高リスク!

結論からお伝えすると、脱毛時の日焼けは程度の差に関係なく避けましょう

肌が黒くなることで脱毛効果が弱まるのはもちろん、施術中の痛みが増したり、シミや黒ずみの原因になる可能性があります。

まずはこの、脱毛中の日焼けリスクについて、解説していきたいと思います。

肌が黒いことによって脱毛効果が弱まり、施術中の痛みも強くなる

現在、「脱毛」というと、下記2種類が主流になっています。

    • 医療脱毛(医療レーザー脱毛)
    • エステ脱毛(光脱毛・フラッシュ脱毛)

それぞれ脱毛方法や効果、料金などに違いはありますが、共通しているのが「黒い色素(メラニン色素)」に反応して発生した熱によって発毛細胞の働きにダメージを与え、新たな毛を生えさせなくするという方法であるという事。

メラニンとは、肌や毛髪などの色を構成する黒色の色素であり、紫外線が当たった時に肌を守る成分でもあるため、日焼けするとメラニンが増え、肌が黒くなるという仕組みになっています。

つまり日焼けによってメラニンが増え肌が黒い状態で脱毛を行うと、肌表面にもレーザーが反応することでエネルギーが分散し、本来の脱毛効果が得られなかったり、また施術の際も通常より強い痛みを感じてしまう原因になります。

日焼けの症状が悪化したり、シミや黒ずみの原因にもなる

日焼けは軽い火傷と同じような状態です。肌はダメージを受けていると考えましょう。

そして上記に記載した通り、脱毛は熱で発毛細胞を破壊する施術です。つまり、それだけでも肌へ負担をかけているという事。

日焼けによってすでにダメージを受けている肌に、更に脱毛で負担をかけると、火傷のような症状がひどくなったり、シミや黒ずみ、色素沈着の原因になる可能性があります。

どのくらい期間を空けたら脱毛再開できる?

日焼けしてすぐの脱毛は避けたとして、どのくらい期間を空けたら脱毛再開できるのでしょうか。

例えば日焼け目的で意図的に1日中外で日を浴びていた肌と、散歩へ出て数十分だけ日を浴びた肌では明らかに日焼けレベルに差がありますよね。

この日焼けレベルの差によって、再開までの期間が変わってきます。

肌の色が明らかに黒い場合は、1~2ヶ月期間を空ける

明らかに肌の色が黒くなったと感じるほどの日焼けをした場合、またこれからする予定がある場合、脱毛できるようになるまで1~2ヶ月は期間を空ける必要があります
1~2ヶ月というのは、ターンオーバーと言って、肌が生まれ変わる期間になります。
参考:ターンオーバーとは(大塚製薬スキンケア)

このターンオーバーによって肌の色が元に戻ると言われています。

ポイントは「元の状態に戻っている」という事。

先程もお伝えした通り、肌が黒いと脱毛効果が十分に受けられず、肌トラブルを招く恐れもあります。
充分な期間を置いて、肌が元の状態に戻るまで待ちましょう。

なお、この1~2ヶ月の間は、日焼け止めを塗ったり保湿するなどして、それ以上日焼けしないよう十分注意しましょう。

日常生活レベルの日焼けなら2週間程度空ける

数十分外を散歩をして、肌が少し赤くなってしまったけれど数日で元に戻る、という軽度な場合は2週間ほど空けてからクリニックやサロンに相談してみましょう
基本的に、元の肌の色・肌の状態に戻っているのであれば施術は可能だと思われます。

なお、問題ないとは思っても自己判断せず、医師やクリニックに経緯を説明し、必ず相談するようにしてください。

ちなみに、脱毛部位以外の日焼けはOK

日焼けに注意すべきなのは、脱毛する部位だけで大丈夫です。

例えば、脱毛の対象が脇なのであれば、腕や足の日焼けは問題ありません。

脱毛する部位の日焼け状態だけ気をつけましょう。

SHR脱毛なら日焼けしてても脱毛OK!!

ここまでは、日焼けしてしまったら脱毛の施術を避け、期間を空けてから再開しましょう、という事を解説してきました。

しかし、やはりどうしても日焼けしてても脱毛もしたい!という方もいらっしゃると思います。

そこでご紹介するのが、日焼けした肌でも脱毛OKという新しい脱毛法、「SHR脱毛」です。

SHR脱毛は、「黒い色素(メラニン色素)」に左右されない脱毛法!


これまで主流だった脱毛は、毛のメラニン色素を攻撃して、毛根の細胞を破壊もしくは弱らせるというものでした。

しかし、SHR脱毛は黒い色素ではなく、毛包と発毛を促している「バルジ領域」という部分にダメージを加えます。
発毛の司令を出しているこのバルジ領域を壊すことで、最終的に毛が生えてこなくなるという仕組みになります。

メラニン色素の有無に左右されないため、例えば今までの脱毛法だと照射できないと言われていたシミやホクロなどにも施術可能。

もちろん日焼けした肌も問題なく脱毛することができるので、すでに日焼けしている方も、これから日焼けの予定がある方も気にせず施術を受けられます

SHR脱毛は毛を生やす司令塔にアプローチするので、毛周期は関係なし

また、SHR脱毛は毛周期という、毛が生え変わるタイミングを待つ必要もありません。アプローチするのが毛根ではなく、毛を生やす司令塔そのものにダメージを与えるため毛の成長期以外でも効果を発揮できるのです。

SHR脱毛についてはこちらの記事で更に詳しく解説していますので、興味のある方はぜひ読んでみてください。

SHR脱毛の効果は?日焼けしていても脱毛できる施術方法のメリット・デメリットを解説

まとめ:日焼けしてしまったら、一定期間脱毛は避けましょう。それでも脱毛したい場合はSHR脱毛がおすすめ

日焼けしてしまったら、どのレベルかに関係なく一定期間を空けて再開した方が良いことおわかりいただけたでしょうか。
医療レーザー脱毛や光脱毛を受ける場合には、なるべく健康な肌状態で施術するようにしましょう。

また、最新技術により日焼けしていても脱毛できる方法も出てきました。
日焼けをした直後、どうしても脱毛したいという人にとって、脱毛可能な選択肢があるのは嬉しいですね。

なお、サロンやクリニックによって細かい注意点が異なる場合もありますので、サービスごとによく確認してから利用するようにしてください。