SHR脱毛の効果は?日焼けしていても脱毛できる施術方法のメリット・デメリットを解説

日焼けしていると脱毛できないというのは、有名な話です。
また脱毛している間は、どんな季節でも日焼けすることのないように十分に対策を取らなければいけません。

しかし、「SHR脱毛」という新たな施術方法が生まれたことで、日焼けしているかどうかや、地黒など元々の肌の色にかかわらずに脱毛することができるようになりました。

それでは、実際の効果はどうなのでしょう?

本記事ではSHR脱毛の効果や、この施術方法のメリット・デメリットについてまとめていきます。

SHR脱毛とは?

SHR脱毛は従来の脱毛方法とは仕組みがまったく異なります。
SHRとは「Super Hair Removable(スーパーヘアリムーバブル)」の略で、別名「蓄熱式脱毛」とも呼ばれています。

この方法ではすでに成長している毛ではなく、毛を作る指令を出す細胞「バルジ領域」にダメージを与えることで脱毛効果を発揮します。

施術を行う際は脱毛部位に専用のジェルを塗り、その上から弱い光を当てていきます。
光の温度は45~50℃と決して高くありませんが、繰り返し光を当てることでバルジ領域を破壊できます。

このように、SHR脱毛ではメラニン色素に反応する光を用いているわけではありません。
そのため、肌の色に関係なく施術を受けることが可能です。

日焼けしていると脱毛できない理由

そもそも、日焼けしているとなぜ脱毛できないのでしょうか。
これは、従来の脱毛は色素に反応する仕組みになっているためです。

脱毛サロンで行われるのは「光脱毛」で、医療脱毛クリニックで行われるのは「医療レーザー脱毛」です。
これらの脱毛で用いられる機器は、どちらも黒いメラニン色素に反応して毛根にダメージを与えます。

そして、肌が日焼けして黒くなる原因もメラニン色素です。
紫外線が皮膚に当たると、メラノサイトという細胞が刺激されます。
これによってメラニン色素がつくり出され、肌が黒くなるのです。

メラニン色素は皮膚を紫外線から守ってくれるため、皮膚にとっては大切なものなのですが、脱毛するにあたっては厄介な存在となります。
なぜなら、脱毛したい部位に当てた光やレーザーが、毛のメラニン色素だけではなく肌のメラニン色素にも反応してしまうためです。

肌に光やレーザーが反応すると、その分だけパワーが分散されて脱毛効果が落ちてしまいます。
さらに、反応し過ぎた場合にはやけどを負う可能性もあります。

日焼けをしていると脱毛できないのはこのためで、脱毛サロンに行ったときにこれが原因で脱毛を断られてしまうケースもあります。
なお、原因が日焼けではなくても肌が黒い場合には同様の場合があります。

しかし、SHR脱毛ではメラニン色素ではなく、先に述べた通り毛を作る部位をめがけての施術となるため、日焼けしてしまった人や色黒の人でも施術できるというわけです。

実際にどれくらいの日焼けであれば脱毛可能か、日焼けしてしまったときの対策などを下記記事でまとめていますので、こちらも参考にしてみてください。

脱毛するなら日焼けはNG!その理由やどのレベルの日焼けなら可能か、予防・処置方法など徹底解説

SHR脱毛のメリット

SHR脱毛は肌の色に関係なく脱毛できる方法ということは説明してきましたが、その他にもメリットは多くあります。
これまでの脱毛方法と比べて何が違うのか、ひとつずつ解説していきます、

産毛や細い毛・白髪などの脱毛も可能

光脱毛やレーザー脱毛は、太い毛の毛根はしっかりと破壊してくれます。
しかし、産毛や細い毛は十分に反応しないことがあるため、脱毛しきれない場合もあります。

SHR脱毛の場合はそもそもの仕組みが違うので、狙いがつけにくい毛でもしっかり脱毛することができます。

また、毛の色素が濃いか薄いかといったことも関係ありません。
そのため、金髪や白髪に対してもしっかり効果を発揮します。

介護脱毛はアンダーヘアが白くなる前に行わなければいけないといわれていますが、SHR脱毛であれば、しっかりと脱毛することができます。

痛みがなく、肌に優しい

脱毛するにあたって多くの人が不安に感じるのが、施術中の痛みです。
光脱毛ではそこまで強い痛みは生じませんが、特に医療レーザー脱毛となると、麻酔をかけても痛みが生じるほどです。

また、通常の脱毛ではやけどの他にも赤みやヒリヒリ感、むくみ、毛嚢炎などが生じる場合があります。

SHR脱毛は蓄熱式のために痛みもなく、45~50℃程度の光を当てる方法であることから、やけどなどの心配をする必要もありません。
少し温かく感じる程度のため、リラックスして施術を受けられます。

一回の施術時間が短い

SHR脱毛では1秒間に1000本近くのムダ毛を一気に処理することができます。
一般的な脱毛では施術に20~60分ほどかかりますが、SHR脱毛ではたった12~15分程度で施術を終えることができます。

そして、一般的な脱毛では毛周期に合わせて施術を行うため、およそ2~3ヶ月おきに脱毛サロンに通うことになります。
そのため、脱毛がすべて完了するまでには早くても1~2年ほどかかることがほとんどです。

その点、SHR脱毛は毛周期に関係なく施術が可能です。
2週間~1ヶ月おきに施術を受けられるので、脱毛が完了するまで半年(6か月)程度で済むことが多いです。

SHR脱毛のデメリット

ここまでご説明した通り、SHR脱毛にはたくさんのメリットがあります。
ただ、新しい施術方法であることから、いくつかデメリットも存在します。

肌へのダメージなどではありませんが、受けるために面倒があったり、脱毛効果に関する点がデメリットです。

では、内容を詳しく見ていきましょう。

対応している脱毛サロンが少ない

SHR脱毛は新しい方法であるため、導入しているサロンやクリニックは少ないです。
SHR脱毛を導入している脱毛サロンで有名な「ストラッシュ(STLASSH)」は全国展開していますが、それでも各地方の都心部にあることが多いので、いざ通おうとしても交通費や時間がかかってしまうかもしれません。

そもそも近くにないから受けられない・受けに行く手間が大きいというのは、SHR脱毛を受けるにあたって、一番のネックになるポイントかもしれません。

脱毛効果がすぐに出ない

一般的な光脱毛や医療レーザー脱毛の施術後は、毛が抜けるなどのように脱毛効果をすぐに見てとれます。
しかし、SHR脱毛においては毛が生えてくる部分を攻撃して、じわじわと破壊していく仕組みであるため、すぐに効果を実感することは難しいです。

そのため、短期的に効果が出ることはなく、すぐに脱毛して毛をなくしたいと考えている人には不向きの方法です。
SHR脱毛を行う際は、効果が出るまで時間がかかると思っておきましょう。

なお、効果が出るまでは早くて3回程度、遅くとも6回~10回まで施術を受ければ、実感できるほどになります。

効果の持続性が立証されていない

SHR脱毛でターゲットとなるバルジ領域は、2001年頃に発見されたばかりの細胞です。
そのため、SHR脱毛の歴史も長くはなく、実際に脱毛効果がどこまで持続するのかは定かではありません。

長期間の効果で見ると、医療脱毛の方がより効果があるかもしれませんし、人それぞれで効果が大きく異なってしまう可能性もあります。
痛みのリスクが無かったり、肌色に問わず施術できるといったメリットがある分、持続効果については不明瞭であるデメリットがあることは理解しておいてください。

誰でも受けられる、肌に優しい最新脱毛

SHR脱毛は効果がないのではなく、そもそも新しい施術方法であるため、効果が出るまで時間がかかったり、持続性がわからなかったりという理由で効果が無いように見えてしまうのかもしれません。

ただ、脱毛という観点から見ると、メリットが非常に大きい施術方法だと思います。
これまでは施術箇所にホクロがあったりすると、その部分だけ施術できないというようなこともありましたが、SHR脱毛であれば、ほとんどの部位を問題なく脱毛できるでしょう。

導入サロンが比較的少ないですが、もし近隣のサロンでSHR脱毛を行っているところがあれば、一度カウンセリングを受けてみるのも良いかもしれません。