システムトレード(自動売買)とは?シストレで稼ぐための手法など紹介

FXのシステムトレード(自動売買)とは、取引ルールを設定すると、あとはコンピュータのプログラムが機械的にFX取引を行う手法です。
特にFX初心者に人気の取引方法で、「人間の感情を入れないトレードができる」特徴があります。

たとえば、あなたが「為替レートがある一定基準を下回ったら買う」というルールを設定すると、プログラムが自動的・継続的にそのルールに従って取引をしてくれます。
これにより、PCやスマートフォンに一日中張り付いてトレードする必要がなくなるのです。

ちなみにシステムトレードは、完全な和製英語で、英語では「Algorithmic Trading」といいます。システムトレードが一体どんな取引方法で自分に向いているのかどうか、試してみたいと思える手法かどうかを比較検討して下さい。

システムトレードは「選択型」と「ソフト型」の2種類

FX会社によって、名前や操作方法は変わってきますが、システムトレードには大きく分けて「選択型」と「ソフト型」があります。
それぞれの特徴を簡単にご説明します。

選択型システムトレード

選択型システムトレードの一番の特徴は「簡単さ」です。
あらかじめ用意された売買プログラム(ストラテジ)を選択するだけで、すぐに取引が開始されます。

FX会社でもこのタイプのシステムトレードを扱うことが多くなってきました。
この売買プログラムにはプロのFXトレーダーのトレード手法が組み込まれています。
そのため、自分に変わってプロのトレーダーが取引を行ってくれるようなものなのです。

ワンクリックで利用が可能なため、初心者にとっておすすめのシステムトレードになります。

ソフト型システムトレード

自分のパソコンにシステムトレードのソフトウェアをインストールし、自分独自の売買方法をシステム可できるカスタマイズ性の高いシステムトレードです。

このシステムトレードは、プログラミングができないと自分のストラテジを作れないため、上級者用のシステムとなっています。

また、パソコンの電源を落としてしまうとシステムが止まってしまうため、パソコンを常時起動させておける環境かVPSサービスを利用することが必要になってきます。

どちらにせよ初心者にはハードルが高いのには間違いありません。

システムトレードは儲かる?

システムトレードは感情が入らないため、感情に任せてトレードをするより勝てる可能性は高いといわれています。

もちろん設定は自分で行うため、自分のセンスも少しは必要ですが、儲からないと思えばストラテジを変更し、入れ替えることですぐに修正が可能となります。

システムトレードのサービスを提供しているFX会社のホームページにも、システムトレードを使って利益を出した実績を載せてあることもあり、FXを詳しく理解できていない初心者が適当にトレードするよりは確実性は高いといっていいでしょう。

中にはシステムトレードを上手に利用して、FX初心者だったのにも関わらず億トレーダーになった人もいる程です。
億を稼ぐまでいかなくとも、FX初心者でもしっかりと稼ぐまでの時間を短くすることは十分に可能です。

システムトレードのリスクも知っておこう

システムトレードを上手に使えば、FX初心者でも勝てることは証明されていますが、当然リスクもあります。

いくらFXのプロの手法がシステム化されて使えるとはいえ、市場は生き物。
その手法が通じないこともあるのです。

基本的にシステムトレードは、テクニカル指標を元に作られています。
そのため、市場になにかしらのインパクトがある情報が無い場合は非常に有効ですが、たとえば買っている通貨の国の情勢や経済情勢が急に変わったときの為替の変動は、システムトレードではカバーできないことがほとんどです。

そのような情報に目を向けず、わからないからといってシステムトレードに任せっきりにするのは非常に危険です。

システムトレードを軸としても、FXに必要なテクニカル要因とファンダメンタル要因は、自分なりに日々勉強、情報収集はしておきましょう。
それらを行うことで、リスクをより減らし、よりシステムトレードで勝てるようになるはずです。

自己流のFXトレードが上手くいかなかったらシステムトレードがおすすめ

FXを始める際に
「チャートとか全くわからない・・・」
「他の仕事があるし、取引も限られた時間でしかできない」
「FXを始めたけど、あまりうまくいかない」
など、さまざまな理由でFXを始められない、または挫折してしまう人は多いはずです。

そんなとき、解決策の一つである方法が「人の感情に左右されないシステムトレード」です。

機械的だからと言っても必ず勝てる手法ではないものの、システムトレードを行う方法や使い方の心構えや、メリットやデメリットなどを詳しく解説している記事もありますので、ぜひ参考にしてください。

おすすめの記事