【初心者向け】FXとは?仕組みと稼ぎ方の基礎知識を解説

FXとは、為替相場の差で利益を上げる投資手法のひとつです
今回は、FXとは具体的にどのようなものか、人気の投資手法である「株式投資」との違いにも触れながら、初心者にも分かりやすく解説します。

FXの概要やメリット・デメリット、自分に適しているのかを知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

FXが人気な理由

FXが人気な理由としては、以下の2点が挙げられます。

FXが人気な2つの
  • 「買い」からでも「売り」からでもエントリーできる
  • 少ない元手資金でも始められる

FXの魅力の1つに「買って、売る」だけではなく「先に売って、後で買い戻す」という順番でトレードを行うことが可能な点が挙げられます。「売り」からエントリーすれば、価格が下がり続けている状況でも利益を出せます。

またFXは少ない資金で始められるという特長があります。投資といえば「株式」を思い浮かべる方がいらっしゃるかもしれません。しかし、株式投資を始めるには一般的に数十万円以上の資金が必要です。

FXの場合、証拠金を業者に預けることで最大で25倍の資金を動かせます。
例えば、4万円の証拠金をFX業者に預けた場合、25倍の100万円分の資金を動かせます。

なお、株式でも「信用取引」という仕組みが存在しますが、証券会社に預け入れた元手資金の3倍の金額までしか取引できません。FXは、最大で証拠金の25倍の資金を使ってトレードできるので、元手が少ない人におすすめと言えます。

FXとは?利益の出る仕組みを解説

FXは「Foreign Exchange」の略称です。直訳すると「外国為替」となりますが、正式には「外国為替証拠金取引」と呼ばれています。

FXで利益を出す方法は「値動きの差益」もしくは「為替の金利」の2種類です。

値動きの差益
外国為替の売買の市場価格の「差」で利益を得る方法
為替の金利
為替を保有している際の「金利」で利益を得る方法

短時間で一度に大きな利益を得たい場合には「値動きの差益」での取引が最適です。時間をかけて利益を積み上げたいのであれば、「為替の金利」で利益を得るため高金利通貨の運用をすると良いでしょう。

しかし高金利な通貨は、発展途中の新興国通貨に多い傾向があり、急激な値動きが発生するケースもあります。
ポジションを持ったら放置せず、定期的に相場をチェックしておくと安心です。

売買時の為替レートの「差」で利益を得る

例えば100円で購入した米ドルが、為替レートが110円になったた際にどの程度の利益が出るのでしょうか。
1ドルだけ購入した場合と、1000ドル購入していた場合の利益の差は下記です。

米ドルを例にした為替益の違い

円安・円高とは?

「円安」は、他の通貨に対して円の価値が下がることを意味します。逆に、他の通貨に対して円の価値が上がることは「円高」と呼びます。

ある時点で「1ドル=105円」だった為替レートが「1ドル=100円」になれば「円高」
「1ドル=95円」だった為替レートが「1ドル=100円」になれば「円安」になると言います。

大きな単位で外国為替を購入しておくと、その分少しの値動きで利益も大きくなるのが特徴です。逆に言えば、損失も大きくなりやすいので注意が必要です。

FXは「レバレッジ」によって効率良く取引できる

FXの取引では「レバレッジ」を活用できるのが大きなメリットです。

レバレッジ
元手になる「証拠金」を用意し、その何倍もの為替通貨取引ができる仕組みのこと。
現在の日本の金融庁の規制においては最大で「証拠金」の25倍の資金を動かせます。この「少ない元手で大きな資金を動かせる」という仕組みを「レバレッジ」と呼びます。

現在国内では最大25倍までのレバレッジが認められています。
例えば1万円の証拠金を元手にすると、最大で25万円分の為替取引ができます。
少ない元手から大きな金額を動かせるため、元手が少なくても大きな利益を狙えるのがメリットです。

逆に為替相場によっては、証拠金を超える損失が出る可能性も十分にあります。
そのため特に初心者の方は、レバレッジを活用する際に注意するようにしましょう。

為替の金利の差で利益を得る

FXでは「ある通貨を売って、ある通貨を買う」という取引が行われます。
2つの通貨の金利に差がある場合、「スワップポイント」と呼ばれる金利差調整分が発生します。

低金利通貨で高金利通貨を買った場合は、ポジションを保持し続けている限り、毎日付与されて利益が積み重なっていきます。逆に、高金利通貨で低金利通貨を買った場合は、業者に支払うことになるので損失が発生します。

「スワップポイント」を活用した堅実志向のトレーダーに人気の「スワップポイントのサヤ取り」という投資方法もあります。詳しくは下記の記事をご覧ください。

FXトレードに関する基礎知識

初心者が実際にFX取引を行う際に知っておきたい情報を紹介します。

FXのコストは「スプレッド」

FXは取引手数料が基本ゼロです。かわりに「スプレッド」が手数料代わりの取引コストになります。

スプレッド
売買時の値段の差のこと。FXでは、「買い価格」と「売り価格」の間に差が存在します。
この価格差を「スプレッド」と呼びます。スプレッドはFX業者の利益になります。

FXでは、同じ通貨を同じタイミングで取引する場合でも、「買い」「売り」の価格が違います。なぜならそこに「スプレッドというコスト」が含まれているからです。スプレッドはFX各社で設定が異なるほか、同じFX事業者でも通貨ペアによって変わります。

各社のスプレッドを比較してみたい方は、下記記事を参考にしてください。

指値と約定に差が出る「スリッページ」にも注意

FXで指値注文をした際に、為替相場の変動で実際の約定時のレートが変わってしまうこともあります。この注文と約定の価格差を「スリッページ」と呼びます。

急激な相場変動があるとスリッページが起こりやすく、その結果利益が減少してしまいます。スリッページ幅を事前に設定しておくなどの対策をしておくといいでしょう。

詳しくは下記記事をご覧ください。

FXと株式投資との違いを解説

投資手法としてFXと並んで人気の株式投資(日本国内)があります。ここでは両者の違いを表にまとめてみました。

投資手法 FX 株式投資(日本国内)
投資先 法定通貨 上場株式
必要資金 原則4,000円~(4円から始められる業者も) 株式の価格に応じて変動(最低数万円程度が多い)
取引時間 24時間(平日) 平日9時~15時(夜間取引できる業者もあり)
レバレッジ 最大25倍 原則なし(信用取引なら可能)
投資の選択肢 国際通貨(180種ほど) 上場株式数(約3,800種類)
必要情報 世界情勢、金融政策など 企業業績、政治経済の動向、政策、景気等

 

比較してみると、FXは必要資金がそれほどかからず、レバレッジを効かせた取引で利益を大きく狙うことが可能です。

一方の株式投資は、企業研究や市場の動向を読むなど、判断のための情報が多く必要ですが、購入金額以上の損失は基本的にありません。

どちらも一長一短ですが、少ない資金から始められてシンプルなルールや選択肢の投資を行いたい方にはFXの方がおすすめです。

FXが向いている人・向いていない人は?

これまでの説明を元に、どんな人がFXに向いているのか、そして不向きなのかを解説します。

「シンプルな取引で少額から稼ぎたい」あなたは、FX取引向き!

FXのメリットは、下記の3点です。

FX3つのメリット
・少額から大きな取引が可能
・値が動きやすく、短期間で結果を出しやすい
・投資の選択肢がシンプル、情報収集しやすい

FXの利点は、なんといっても少ない元手で大きくお金を動かせて、比較的早く結果が出やすいことにあります。
また投資先は各国の法定通貨なので、株式投資よりも情報収集がしやすくシンプルです。

小さく始めて大きく稼ぎたい方、リスクを負いながらもハイリターンな投資を狙う人に向いています。

「最低限のリスクでコツコツ投資したい」あなた、FXは向いていないかも?

FXのデメリットは、以下の通りです。

FX3つのデメリット
・準備した証拠金以上の損失になるリスクがある
・裁量トレードなら常に相場のチェックが必要
・選択肢は各国の「通貨」のみ

FXはレバレッジを効かせて効率よく投資ができる反面、失敗すれば大きな損失を負うことになります。
証拠金を超える損失が出た場合は、追加で資金で納める「追証」も出てくるため、リスクを負えない人にあまり向いていません。

コツコツ堅実に投資をしていきたいなら、株式投資など「FX以外の投資手法」にチャレンジした方が良いでしょう。

FX初心者向け!ハードル低めのFX業者おすすめ3選

FXを始めるなら、とにかく始めやすいFX業者がおすすめです。特に初心者向けのFX業者・サービスを3種類ご紹介します。

少額から始めるなら「松井FX」

松井FX
出典:公式サイト

松井証券FXの基本情報
取引通貨単位 1通貨単位
レバレッジ 1倍、5倍、10倍、25倍(※ 法人口座のレバレッジは最大100倍)
スプレッド 米ドル/円:0.2銭
ユーロ/円:0.5銭
取引手数料 無料
通貨ペア 20通貨
松井証券FXの特徴

少額取引から始めたいなら「松井FX」がおすすめ。10,000通貨単位での取引しかできない業者もある中で、1通貨単位から取引可能です。

1通貨と言えば、1ドル=110円の米ドル/円の通貨ペアなら110円。レバレッジも「1倍」「5倍」「10倍」「25倍」の4種類のコースから選べます。サービスの使いやすさも魅力ですので、詳しくは公式サイトをチェックしてみてください。

また少額からFXを始めて勝つため必要な戦略を知りたい方、下記をご覧ください。

短時間で口座開設できる!「DMM FX」

DMM FX
出典:公式サイト

DMM FXの基本情報
取引通貨単位 1万通貨単位
レバレッジ 25倍
スプレッド
原則固定(例外あり)
米ドル/円:0.2銭
ユーロ/円:0.5銭
取引手数料 無料
通貨ペア 21通貨
DMM FXの特徴
  • 最短即日での取引開始可能
  • 豊富な取引ツール
  • 業界最狭水準のスプレッド
  • 最大20万円のキャッシュバックキャンペーンあり!

何かと手続きの多いFX口座の開設。しかし「DMM FX」なら、手続きが非常に簡単で、本人確認書類とマイナンバーを「スマホでスピード本人確認※」で提出すると、短当で即日に取引開始できます。

口座開設まで数日かかるFX業者が多いなか、申し込みの際に必要な「審査」は最短で1時間で終了したとう声もあるほどスピーディーです。
今すぐ取引を始めたい方におすすめの業者です。
※「スマホでスピード本人確認」を使用した場合、休業日は除く

なおFXの口座開設にかかる時間については、以下の記事も参考になりますよ。

米ドル/円のスプレッドが狭い「SBI FXトレード」

SBI FXトレード
出典:公式サイト

SBI FXトレードの基本情報
取引通貨単位 1通貨単位
レバレッジ 25倍
スプレッド
(1000通貨まで)
米ドル/円:0.09銭
ユーロ/円:0.3銭
取引手数料 無料
通貨ペア 34通貨
松井証券FXの特徴
  • 業界最良水準の高スワップポイント
  • 1通貨単位から取引可能
  • 業界最狭水準のスプレッド

手数料はできるだけ抑えたトレードがしたい!という方には「SBI FXトレード」がおすすめです。
米ドル/円で0.2~0.3銭程度ならと「業界最狭水準」言われるスプレッド幅ですが、なんとSBIは2022年4月現在、0.09銭(1,000通貨まで※)。驚きのスプレッド幅で取引を行いたい方におすすめの、人気の業者です。

※参照:SBI FXトレード「注文数量が1,000通貨までのスプレッド実績値」

まとめ

FXは外国為替を購入・売却するほか、為替を所有することで金利収入を得られる投資手法。株式投資と比べるとスピーディーに結果が出やすいほか、取引がシンプルかつ少ない元手から取引が始められるのがメリットです。

FXは経験してこそ理解できることがたくさんあります。まずは始めやすいFX業者で口座開設し、取引の第一歩を踏み出してみてくださいね。

おすすめの記事