MT4インジケーターのインストール方法!初心者におすすめのインジケーターは?

FXトレーダーに人気のMT4(MetaTrader4)は、「インジケーターが豊富」「自分好みにカスタマイズが可能で使いやすい」など、魅力的なポイントとしてインジケーターが挙げられることが多いです。

このページでは、MT4(MetaTrader4)のインジケーターが何か?というところから、追加の方法や初心者におすすめのMT4インジケーターまでを紹介します。

MT4(MetaTrader4)インジケーターとは

YJFX!

MT4(MetaTrader4)のインジケーター(罫線分析ツール)とは、チャート上にテクニカル指標を表示するプログラムのことです。代表的なものに移動平均線やボリンジャーバンド、MACDなどがあり、これらのテクニカル指標をチャート上に表示することができます。

MT4(MetaTrader4)には有名どころのインジケーターは標準でセットされています。そのため最初に標準装備されている指標だけでも自分だけのオリジナルチャートを作ることができます。

もちろん取引を重ねていく間に自分の使いたい指標が無いと思ったらインジケーターの追加も可能です。このページでは、MT4インジケーターの追加方法を画像付きで詳しく解説しているので参考にしてみてください。

MT4インジケーターの追加方法は一度やり方を覚えてしまえば簡単に追加できます。また、外部からインジケーターをダウンロードして追加する方法についても、その手順を解説しているので合わせて参考にしてもらえればと思います。

インジケーターの追加と表示の方法

FXトレーダーにとって必需品ともいえるMT4(MetaTrader4)は、インジケーターを追加することでより一層使いやすくなります。上級トレーダーにもなるとさまざまな指標を追加しており、中には自らプログラムをカスタムする人もいます。

インジケーターは有料のものと無料のもの、それぞれたくさんあります。ネットで探せる上、無料のインジケーターも多く配布されているので、必要だと判断したものは追加しましょう。

まずは標準装備されているMT4の追加方法から解説します。

今回紹介するMT4を導入するFX業者

会社名 FXTF(MT4)の公式へ YJFX!(外貨ex)の公式へ
オリジナルインジケーター 46種類 10種類
公式へ

標準装備されているMT4インジケーターの導入方法

FXTF(MT4)
上記の画像のFXTF(MT4)は最初から35種類以上のインジケーターが標準装備されています。もちろん移動平均線やMACD、ストキャスティクス、フィボナッチなども搭載済みです。

自分が使いたいインジケーターがあればもちろん導入すべきです。しかし、MT4を使い始めたタイミングで一度にたくさんのインジケーターを入れるのはおすすめしません。多くのインジケーターを入れることてよく分からなくなってしまうので、必要最低限の使えるインジケーターだけ入れるようにしましょう。

最初に導入したいMT4インジケーター
  • 一目均衡表
  • 移動平均線
  • MACD
  • Movong Average
  • Parabolic
  • ストキャスティクス
  • RSI
  • フィボナッチリトレースメント

標準装備されているインジケーターの導入方法は簡単です。サービスの仕様によっても少し手順は異なりますが、基本的に使いたいインジケーターをダブルクリックするだけでチャート上に表示することができます。

たとえばFXTF(MT4)の場合は、ナビゲーターウィンドウの「インディケータ」から、使用したいインジケーターを選んでチャート上にドラッグ&ドロップするだけです。ダブルクリックするだけでも表示でき、他にも「お気に入り」に登録したり、ショートカットキーに登録して、ショートカットで呼び出すことも可能です。

FXTF(MT4)

それでは続いて、ネットなどで探してきたインジケーターの追加方法を紹介します。

探してきたMT4インジケーターを追加する方法

MT4インジケーターを追加する手順は下記の通りです。

インジケーター追加の手順
  1. インターネットなどで使いたいインジケーターを探す
  2. 自分のパソコンにインジケーターをダウンロード
  3. インジケーターのファイルを「Indicators」フォルダへ入れる(インストール)
  4. MT4(MetaTrader4)を起動してインストールされたことを確認する

②まではなんとかできそうですが、③の「インストール作業」から難しそうな予感がします。
それでは、最初から順番に解説していきます。

①使いたいインジケーターを探す

インターネットなど外部から追加するインジケーターは、「○○○.mq4」「○○○.ex4」といったようなファイル形式で提供されています。

「mt4 インジケーター おすすめ」「mt4 インジケーター 無料」「mt4 インジケーター ダウンロード」などと検索すると、多くのページがヒットするので配布されているものをインストールします。

②自分のパソコンにインジケーターをダウンロード

今回は、初心者がまず練習として入れることの多い「JPN_Time_SubZero.mq4」というチャート内の時間を日本時間表示にするインジケーターをダウンロードして導入する方法をご紹介します。

このファイルはとってもシンプルです。MT4(MetaTrader4)をインストールしてチャートを起動すると、表示される時間が海外表記になっている場合があります。
※FX会社によって表記方法は異なります

日本時間じゃないと見にくい方は、最初に「JPN_Time_SubZero.mq4」をダウンロードして設定しておくと便利です。 ダウンロードは、「JPN_Time_SubZero.mq4 ダウンロード」などと検索するとファイルをダウンロードできるページがたくさん出てきます。

WEBページで「JPN_Time_SubZero.mq4」のファイルがあるページを表示。 インジケーターのリンクをクリックすると、下記のようなページが開く場合がありますので、この画面は閉じてください。

mt4image

インジケーターをダウンロードする際は、そのリンク先を一度パソコンに保存します。
リンクの上で右クリックすると、Internet Explorerであれば「対象をファイルに保存」
Google ChromeやFirefoxなら「名前を付けてリンク先を保存」という項目をクリック。

mt4image
「名前をつけて保存」のポップアップが表示され、ファイルの保存先を聞かれます。自分が分かりやすいフォルダを事前に作っておき、そこにダウンロードすると把握が簡単なのでおすすめです。

今回は「MT4インジケーターDL」というフォルダを作って、デスクトップに配置したものを使用します。

mt4image
これで自分のパソコンにインジケーターがダウンロードできました!

③インジケーターのファイルを「Indicators」フォルダへ入れる

「MT4インジケーターDL」に「JPN_Time_SubZero.mq4」ファイルが入っていることを確認します。
mt4image
確認ができたら、このファイルをMT4の「Indicators」フォルダへ入れます。
この作業が「インストール」ということになります。

mt4image
※「Indicators」の場所
「Indicators」というデータフォルダの場所は、メタトレーダー(MT4)画面の左上にある「ファイル」から「データフォルダを開く」を選択。

下記のようなメニューが表示されるので、「MQL4」フォルダをクリック。

mt4image

その先に「Indicators」というデータフォルダがあります!

mt4image

④MT4(MetaTrader4)にインストールされたことを確認する

メタトレーダー(MT4)を起動します。この時、ナビゲーターウィンドウを表示してインジケーターを反映させる作業をするので、ナビゲーターウィンドウは表示させておきましょう。※「Ctrl」キー+「N」キーで簡単に表示できます。

まず「Indicators」フォルダに入れたファイルを確認するために、下記の手順で更新を行います。

【更新手順】
「ナビゲーターウィンドウ」「罫線分析ツール」上で右クリック→「更新」を左クリック
mt4image
更新を終えたら、ナビゲーターウィンドウの中の「罫線分析ツール」「+」をクリック。
インジケーターが表示されるので、先ほどダウンロードした「JPN_Time_Sub」ファイルを一覧からドラッグ&ドロップして入れましょう。

mt4image
インジケーター表示前にパラメーターの設定画面が開かれるので、そちらの設定を行えばインジケーターのインストールは完了します!

mt4image
チャート上に日本時間が表示されたことが確認できたと思います。この手順を覚えれば、好きなインジケーターを探して簡単に追加することができると思います。便利なインジケーターを好きなだけ追加しちゃいましょう!

FXTFでのインジケーター(JapanTime)追加方法

ネットで探してきた「JPN_Time_SubZero.mq4」の導入が難しい場合、FXTFのMT4にも同じようにチャート上に日本時間を表示させるインジケーターがあります。導入・表示が非常に簡単なので、初心者はコチラの方がおすすめかもしれません。

mt4image
FXTF(MT4)のナビゲーターウィンドウ「インディケータ」から「FXTF JapanTime」を選び、チャート上にドラッグ&ドロップまたはダブルクリックします。

mt4image
表示される小ウィンドウ「全般」タブで「DLLの使用を許可する」「外部エキスパートの使用を許可する」にチェックが入っているか確認します。

mt4image
次に「パラメーターの入力」タブに行き「TextColor」をチャートの背景色と違う色に設定してください。
「White」の文字をダブルクリックするとプルダウン「▼」が表示されるので、カラーパレットで好きな色を選んで「OK」を押せば設定できます。

mt4image
デフォルトだと、チャートの背景色が黒になっているため文字色は白(White)がおすすめです。もし自分でチャートの色を変更している場合は、自分が見やすいカラーを選ぶのが良いでしょう。

インジケーターを削除する方法

多くのインジケーターを表示させ過ぎた時や間違えて別のインジケーターを選んだ時にインジケーターを削除する方法を説明します。

下記はボリンジャーバンドとMACDが表示されていますが、例としてこの中のMACDを削除します。
mt4image
まず、画面上部のツールバーから「チャート」をクリックします。出てきたメニューから「表示中の罫線分析ツール」を選ぶと現在表示中の指標が一覧で表示されます。

mt4image

削除したい指標をクリックして選択状態になったら、右側にある「削除」ボタンを押します。するとチャートからMACDが消えたことが確認できます。

mt4image
「表示中の罫線分析ツール」を出すには、他にも方法があります。

チャートの上で右クリックをしてメニューを出す方法と、ショートカットキーを利用する方法(「Ctrl」キー+「I」キー)があります。
その後の操作方法は、上記で説明したものと同じです。

サブウィンドウを削除する方法

他にも、サブウィンドウを消すだけの簡単な方法があります。

削除したいサブウィンドウの指標の上で右クリックをします。そこで表示されたメニューの中から「サブウィンドウを削除」を選択すると削除されます。

mt4image

必要に応じて削除して見やすいチャートを作成していきましょう。

FXTFでインジケーターを削除する方法

FXTF(MT4)でのインジケーター削除方法も紹介します。
インジケータの追加方法と同様、削除の仕方も非常に簡単です。

右クリックメニューとメニューバーから削除する方法がありますが、まずは右クリックメニューから削除する方法です。

チャート上の右クリックメニューから「表示中のインディケータ」を選択。「表示中のインディケータ」ウィンドウから削除したいインジケーターを選び「削除」ボタンをクリックして削除。

mt4image
FXTF(MT4)のインジケーターは、メニュー「チャート」⇒「表示中のインディケータ」からも同じように削除できます。「表示中のインディケータ」ウィンドウから削除したいインジケーターを選び「削除」ボタンをクリックして削除。

mt4image
FXTFのMT4ならインジケーターの追加も削除も手間なく簡単にできるので、非常に便利です。操作性が楽なことから、特に初めての人におすすめです。

MT4初心者におススメなインジケーター(FXTF・YJFX!)

MT4初心者にオススメしたいFXTF(MT4)とYJFX!のオリジナルインジケーターのご紹介とダウンロード方法を解説します。

FXTFとYJFX!(ワイジェイFX)は、MT4の取引ができる日本国内のFX業者です。YJFX!に関しては、YJFX!が提供する「MT4チャート(YJFX! MT4 Chart)」しか動作ができないため、ネットで探してきた外部のインジケーターを利用することができないので注意が必要です。

しかしYJFX!には最初に欲しい定番のインジケーターだけでなく、オリジナルインジケーターも豊富なので初めてMT4を利用する分には初心者には満足できると思います。

それでは、FXTFとYJFX!(ワイジェイFX)それぞれのサービスでおすすめのオリジナルインジケーターとダウンロード方法を紹介していきます。

YJFX!おすすめインジケーター「Trend Countdown」

YJFX!のおすすめは「Trend Countdown」というオリジナルインジケーターです。トレンドフォロー系のインジケーターで、ローソク足10本分ごとに対するトレンドの傾向を把握することができるものです。
mt4image

インジケーター「Trend Countdown」の特徴
・サブウインドウでトレンドの様子を色分け。
→赤なら下降、黄色なら揉み合い相場、青なら上昇
・これまでの傾向から予測して、エントリーするタイミングを計ることができる。

YJFX!インジケーター「Trend Countdown」ダウンロードと追加の手順

まず、YJFX!の公式サイトから「MT4チャート」ページにいきます。
mt4image
ページ下へ降りていくと、オリジナルインジケーターの項目が出てきますので、白いセレクトボックスの右側の下矢印「▼」をクリックします。するとインジケーターの詳細が開くので、「ダウンロード」ボタンからインジケーターをダウンロードします。
mt4image

YJFX!のMT4チャートの基本ウィンドウは「チャートウィンドウ」「気配値表示ウィンドウ」「ナビゲーターウィンドウ」「ターミナルウィンドウ」の4種類です。画面上部にある「メニューバー」や「ツールバー」を利用したり、各ウィンドウを右クリックすることで自由にカスタマイズすることができます。
mt4image
ダウンロードしたインジケータを追加する場合は、まず画面上部にある「ツールバー」の「ファイル」→「データフォルダ」を開きます。「MQL4」→「Indicators」へ進み、ダウンロードしたファイル(今回でいうとTrend Countdownファイル)をフォルダの中に入れます。

その後でMT4チャートを再起動すると、ダウンロードしたインジケーターを利用することができるので、続いてチャート上に表示します。インジケータを表示させたい場合は、画面上部にある「ツールバー」の「挿入」→「インディケータ」から「トレンド」をクリック。先ほど追加した「Trend Countdown」のインジケーターをクリックすることでチャート上に描画することができます。
mt4image

FXTF(MT4)おすすめインジケーター「FXTF-Calendar」

FXTF(MT4)が提供するインジケーターでぜひ入れて欲しいのが「FXTF-Calendar」です。これは、チャート上に直近の経済指標予定を表示して、それを見ながらトレードに活用していく非常に便利なインジケーターです。
mt4image

インジケーター「FXTF-Calendar」の特徴
・経済イベントがサブウインドウで表示、チャート上にも経済イベント開始時刻を表示。
※チャート上の縦ラインは非表示にもできます。

・経済イベントの重要な順から、赤色(高)→黄色(中)→青色(低)でカラー表示されます。

・経済イベントが終了しても24時間はラインが継続して表示されます。
→FXでトレードをする前に、絶対に確認しておきたいのが経済指標カレンダーです。その経済指標カレンダーをチャート上に表示し、トレードと同時にチェックできるのは大変助かります。無料で利用できるので是非ダウンロードして、使ってみてほしいインジケーターの1つです。ただし、口座開設をした方のみが、FXTF(MT4)のマイページからダウンロードできるインジケーターとなっています。

FXTF(MT4)インジケーター「Calendar」ダウンロード追加手順

まずFXTF(MT4)公式サイトから会員専用ページの「マイページ」にログインします。

mt4image
ページ上部にある「FXTF MT4」をクリックして、左側の「オリジナルツール」メニューをクリックします。
するとオリジナルツールの一覧が表示されるので「FXTF-Calendar」をクリックします。

mt4image
「FXTF-Calendar」をクリックし「FXTF-Calendar.ex4」をダウンロード。
(右クリックでファイルを保存)

mt4image
上記の手順でインジケーターを追加した後はナビゲーターウィンドウの「インディケータ」から「FXTF Calendar」を選んでチャート上にドラッグ&ドロップ。またはダブルクリックすることでチャート上に表示することができます。

mt4image
重要な経済指標の発表時間をチャート上にラインで表示したり、重要度を3段階に分けて色別で表示もできるので、トレード時に役立つこと間違いなしでしょう。

MT4インジケーターの追加方法と初心者向けインジケーターまとめ

MT4インジケーターは、FX会社で提供されているオリジナルはもちろん、ネット上にもたくさん優秀なものがあり、ダウンロード(有料・無料)して利用することができます。

YJFX!では外部インジケーターの使用はできませんが、最初はたくさんあってもどれが良いか選べないし分からないといった方は限られた中で使ってみて慣れていくのも良いでしょう。

自分でオリジナルのインジケーターを加工したり作るにはプログラミングができなければいけませんが、既存のインジケーターを少しカスタマイズするくらいなら、基本を抑えるだけで十分できるようになります。

インジケーターの色変更や、ポップアップメッセージやメールでシグナルを通知などの簡単なものなら、すぐにカスタマイズできるようになると思います。

使えるインジケーターの数も増えてくると分析が楽しくなってくるので、ぜひ色々なインジケーターを探して、自分のメタトレーダー(MT4)に追加してみてください!

今回の記事で紹介したFX業者はFXTF(MT4)とYJFX!

会社名 FXTF(MT4)の公式へ
YJFX!(外貨ex)の公式へ
オリジナルインジケーター 46種類 10種類
取引単位 1,000通貨 1,000通貨
キャッシュバック 23,000円 27,000円
ポイント 国内MT4業者の老舗 YJFX!だけのインジケーター提供
公式へ
おすすめの記事