初心者がFXを始めるにはいくら必要?必要な資金や元手とは?

FXを始めたいと考えていても、「いくらぐらい元手を用意すれば良いのか分からない」という人も多いのではないでしょうか。

比較的大きな投資額が必要な株式投資と違い、FXはレバレッジ効果によって最大で入金額(証拠金)の25倍の資金を動かせるので、予算に余裕が無い方でも大きな利益を上げることが可能です。また、スキャルピングやデイトレードといった短期売買も可能です。

本記事では、投資の未経験者や初心者に向けて、FXを始める際に用意すべき資金の額やトレードする際の注意点について解説します。

FXに必要な投資資金

FXに必要な投資資金は、通貨ペアや為替レート、レバレッジの倍率、最小取引単位によって異なります。

例えば、「1ドル=100円」「1ユーロ=120円」という為替レートだとします。レバレッジが「25倍」で、最小取引単位が「1万通貨」の場合、「ドル/円」「ユーロ/円」の通貨ペアを売買する際に必要な最低限の証拠金は以下のようになります。

レバレッジ「25倍」で1万通貨単位の場合
  • ドル/円:40,000円
  • ユーロ/円:48,000円

上記の例で「ドル/円」の場合、4万円の入金額で100万円分(1万ドル)の資金を動かせることを意味します。ただし、相場が急激に動いてロスカット(強制的にポジションが決済)されることも考慮し、最低限の金額ではなく余裕を持った額を入金しましょう。なお、10万通貨、100万通貨といった具合に取引する量が多くなれば必要証拠金も増加します。

FX業者によって異なる必要な金額(最小取引単位)

前節で、最小取引単位が「1万通貨」の場合に必要となる証拠金の例を示しました。しかし、実際にはFX業者によって最小取引単位が違うため、必要証拠金の額も異なります。

現在の日本のFX業者は、最小取引単位を「1万通貨」や「1,000通貨」としているケースが多いです。ただし、最小取引単位を「100通貨」や「1通貨」としている業者もいくつか存在します。

最小取引単位が小さければ、必要証拠金の額も小さくなります。「1ドル=100円」「レバレッジ25倍」という条件で、最小取引単位が「1000通貨」「100通貨」「1通貨」の場合について、「米ドル/円」のトレードに必要な最低限の証拠金を示すと、以下のようになります。

レバレッジ25倍で1000通貨以下の場合
  • 1000通貨(1,000ドル=10万円):4,000円
  • 100通貨(100ドル=1万円):400円
  • 1通貨(1ドル=100円):4円

多くの資金を用意できない方や、いきなり高額の取引をするのに抵抗がある初心者方は、最小取引単位が小さいFX業者を使うことをおすすめします。

通貨単位別FX最低金額

少額でFXトレードを始める際の注意点

少額でのトレードはリスクを低く抑えられますが、リターンも小さくなってしまいます。

例えば、「1ドル=100円」のレートで「ドル/円」を「100通貨」買って、「1ドル=101円」のレートで売ったとしましょう。そうすると、売買差益は、売却価格(10,100円)-購入価格(10,000円)=100円となります。

同じ条件で「1万通貨」を売買していれば、売買差益は1万円となっていたはずです。

また、スキャルピングやデイトレードを行う際の「数秒~数時間」という期間で、為替レートが数円も変化するケースはあまりありません。大きくても「0.5円」くらいの変動に留まることがほとんどです。

つまり100通貨で売買していると、1回の取引で数円から数十円しか利益が出ないケースが多発します。少額でトレードすると、1日に何十回も売買しても合計で数百円程度しか利益が出ない場合もあるという点は理解しておく必要があります。

気になるFX経験者の初期投資額とは?

実際にFXのトレードをしているは、いくらぐらいからFX始めているのでしょうか?。当サイトが、FX経験者を対象に行った調査を紹介します。

今回実施した、アンケート調査によると、約37%の人の初期投資額が「3万円未満」だったことが分かりました。最近では、少額から投資を始めようとしている人の間で、1株から買うことができる株式投資のサービスも人気のようですが、FXも比較的少額から始められる投資方法の1つとして選ばれていることが分かると思います。

FXの経験者のなかには、FXが少額から始めることにメリットを感じている人も多くいる印象でした。アンケート調査では次のような声もありました。

20代女性:会社員
「FXは少額投資で多少の利益が見込める点が良いです」

30代男性:自営業
「FXは少額でも始められ、テクニカルからファンダメンタルズまで学ぶことは多いと思います」

初心者はいくらからFXを始めるべき?

さきほど説明した少額でのトレードとは逆に、大きな金額を動かすトレードをすれば高いリターンを得られる可能性があります。しかし、リスクも高くなるので、思惑と逆方向に相場が動いた際にロスカットされて、証拠金が没収されたり追加証拠金の入金を求められたりする事態にもなりかねません。

少額でトレードすればリスクを小さくすることが可能ですが、当然、リターンも小さくなってしまいます。せっかくFXを始めるのであれば、初心者でもまずは1日の取引で1,000円以上の利益を出せる程度の金額を投資したいものです。

例えば、「レバレッジ25倍」「1ドル=100円」の場合、1,000通貨(1,000ドル=10万円)分の資金を動かすために入金しなければならない証拠金の最低額は「4,000円」です。

4,000円を入金し、「1ドル=100.00円」のレートで「ドル/円は」を「1,000通貨」買って、「1ドル=100.10円」のレートで売った場合、売買差益は、売却価格(100,100円)-購入価格(100,000円)=100円となります。1度の売買で100円程度の利益ですが、この場合のレートの変動は「0.1円」です。このようなトレードを繰り返すことで1日で合計1,000円以上の利益を狙うことはできるでしょう。

このようにリスクとリターンのバランスを考えると、初心者は1,000通貨で売買することから始めて、ある程度慣れてきたら1万通貨で売買することをおすすめします。

おすすめの記事