FXで稼ぐ人(勝てる人)に聞いた!ノウハウ記事まとめ

FXで稼ぐ人・利益を出している投資家のトレード手法やポイント、成功体験などの記事の他、FX初心者が出来るだけ損失を出さずに利益を出せる方法などの記事を紹介しています。

初心者がFXで稼ぐためにはどうしたら良いか?トレードの際にはどういった注意点があるのか?
稼げる人と稼げない人との違いは何か?FX初心者からの評価が高い業者など、最初に押さえておきたいポイントをまとめた記事も合わせてチェックすることができます。

始めるならココから!本サイトおすすめFX会社

会社名 取引通貨単位 キャッシュバック 詳細
松井証券FX 1通貨 上限無し
外貨ex byGMO 1,000通貨 最大39,000円
ヒロセ通商 1,000通貨 最大56,000円

FXで稼ぐ人(勝てる人)がやっているたった4つのこと

当サイトでご紹介している記事や、FXで稼ぐ人(勝てる人)から聞いた日頃から取り組んでいるたった4つのことについて、ここで簡単にご紹介したいと思います。
気になる記事と合わせて確認してみてください。

また最初に覚えて欲しいのがFXは投資ですので、必ずリスクがあります。
そのリスクを最小限に抑えつつ、トレードで勝つための知識や手法を、成功者から学んでいきましょう。

①自分のトレードルールを作ること

FXトレードで成功している人に共通しているのは、自分なりのトレードルールを作りそれを頑なに守っていることです。
チャートを見て自分の好きなパターンになるまでひたすら待ち続け、その時が来たら一気に仕掛けていきます。

このトレードルールですが、予め作れるものではありませんし、またそうするべきものでもありません。
自分のトレードルールを作るには、FXのトレード手法などを学びながら、実践でそれを活かし、その過程で「こうすれば利益が出た」という成功パターンを自分なりに浮き彫りにしていきます。

さらに「いつもここで入ると大損する」という避けるべき失敗パターンも分析しながら明らかにしていきます。

このような日頃の地道な分析を通じて、過去の成功と失敗のパターンに注目しながら、それらをルール化していくのです。
従ってトレードルールは最初からできるものではなく、自分のトレードで様々な成功と失敗の経験を分析した上ではじめて出来上がるものだということが言えます。

②トレードノートで過去の自分のトレードを検証すること

トレードルールを作るには日頃の分析が欠かせないと言いましたが、成功している人の中にはトレードノートなどを作り、過去の自分のトレードを検証しているという人も少なくありません。
人間は同じ失敗を繰り返しますし、トレードをしているとどんなに冷静な人でも負けが続けば程度の差はあれ、多少なりとも感情的になることがあります。

過去の失敗を繰り返さず、トレードの際に落ち着いていられるように、過去のトレードをノートやエクセルなどに記録して分析する作業は、将来のトレードに大きな効果があります。
またそのようにして失敗するパターンを一つずつ減らしていければ、トータルで勝ち、稼ぐチャンスも広がっていきます。

③資金管理をしっかりと行うこと

トレードルールを作ることは成功する上で重要であるとお伝えしましたが、そのトレードルールの中に必ず入れておいたほうがいいポイントがあります。
それは「リスク・リワードの割合」や「証拠金に対する適切なポジションの枚数」を決めてトレードすると同時に後述する「ロスカット」も必ず行うことです。

例えば売り買いのポジションを取る際に「リターン:リスク=2:1」と決めたらそのリスク・リワードの割合でトレードできそうな場合のみ入るというルールなどが挙げられます。
リスク管理や資金管理のルールはあくまで人それぞれ考え方も異なりますし、相場の流れの中で多少アレンジが必要な場合もあります。

しかし、大前提をある程度決めておかないとリスクを考慮せず、際限なくトレードしてしまうことにもなりかねません。
そうなると一発の大きな損失で強制退場となってしまうリスクさえ生じてしまいます。

FXではまず何よりも「生き残ること」を優先することが大切です。
そのためにも適切なリスク管理や資金管理は最重要項目と言えます。

④損切り(ロスカット)を必ず入れること

FXをしている初心者の中には全く損したくないと考える人がいます。
しかし「適度な」損切り(ロスカット)はトレードで生き残っていくためには重要です。

適度な」を強調したのは、適切な位置に必ずストップロス(逆指値)を入れつつ、ポジションを取ったら多少のマイナスには耐えることが必要だからです。

FXのトレード本やブログ、セミナーなどでは、損切りすることの大切さがよく言われています。
しかし誤解してはいけないのが、ポジションを取ってから少しでも反対方向に持っていかれ、含み損を抱えたらすぐ損切りするのが正しい損切りではないということです。

そのような損切りを繰り返していると、いわゆる「損切り貧乏」になってしまいます。
つまり少しずつ、しかも確実に損失が積み重なっていき、最終的には退場となってしまうということです。

正しい損切りも人によって多少の違いはありますが、原則としては買いの場合は「直近の安値」。
売りの場合は「直近の高値」になります。

直近の安値あるいは高値から何ピップス分だけ、上または下に置くからは通貨ペアやその時の相場の勢い、ロウソク足の形状など状況に応じて変わってきます。
そのサジ加減は人によって異なるため、トレード経験を積んでいき、自分の中で感覚を養っていくしかありません。

そのためにも始めたばかりのFX初心者ならなるべく少額でのトレードをおススメします。
ただし、少額と言ってもポジションを取る際に若干の緊張感が持てるぐらいの金額にしないと上達は望めないでしょう。

すぐに無くなってもいい金額だと一つ一つのトレードがいい加減となってしまい、あまり考えずにトレードしてしまうという危険性があるからです。

ここで紹介した4つのポイントはあくまで一例にすぎません。
何より大切なことは、ここでお伝えしたような内容を鵜呑みにせず確実に実行していくことです。

とはいえ、何をどうしたら良いか分からない投資初心者の方もいると思いますので、ぜひ当サイトに掲載されている記事の中での手法やルールなどを参考にしてみて下さい。

おすすめの記事