予算5,000円でスタート!少額トレードOKの初心者向けFX業者や取引方法

予算5000円スタート 初心者オススメ比較表

会社名 取引単位 通貨ペア数 キャッシュバック 詳細へ
# 1,000通貨 24 最大39,000円
# 1,000通貨 24 最大20,000円
# 1通貨 34 現金500円

予算5,000円からFX取引を始める方法とは?

「FXで利益を出したい!」と思うけど、なんだか難しそうだし始める予算もそんなにないという人もいるのではないでしょうか。
さまざまな投資手法の中でもFXは少ない予算でも少額からはじめることができ、ある程度の利益を得ること可能です。

このページでは、次の3つの内容を取り上げて紹介したいと思います。

3つのポイント

  • 予算5,000円以下からFXを始める方法
  • 小額トレード(1,000通貨取引)でも利益を狙える理由
  • 1,000通貨で取引するのに初心者におすすめの業者

予算5,000円から始めるには1,000通貨から取引をする

結論から言うと、少額の予算でFXを始めるなら1,000通貨単位での取引からスタートしましょう。

FXの取引では1万通貨からの取引が一般的ですが、1,000通貨から取引を行うことができる業者もあります。ちなみに1,000通貨とは、米ドル円でいう「1,000ドル」のことです。

1ドルが100円だった場合、1,000通貨単位(1,000ドル)は日本円にして10万円です。このレートで取引をしている時に1ドルが1円動くと約1,000円の損益が生まれるということになります。

それでは必要な予算は10万円なのでは?と思うかもしれませんが、ご安心ください。FX取引では「レバレッジ」という、実際の資金より取引額を多くすることができる仕組みがあります。

あとで具体的な話に触れていきますが、ここで簡単に説明すると、まず予算5,000円で取引をしようと思ったら、レバレッジを利用して実際の資金以上の金額の取引を行う事ができるのです。

日本のFX業者で利用できるレバレッジは最大25倍のため、5,000円で12万5,0000円分までの取引を行うことができます。

5,000円×25倍=12万5,000円

となり、5,000円で12万5,0000円分のまでの取引を行うことができます。FX取引が予算5,000円から始められる理由は、FXではレバレッジが活用できるから、ということなのです。

5,000円から始められるなら挑戦してみようという人も多いのではないでしょうか。まずはお小遣い程度でスタートできる1,000通貨からの取引に対応しているFX会社で取引をはじめましょう。

1,000通貨からFX取引できるおすすめ業者

YJFX!(ワイジェイFX)

# YJFX!(ワイジェイFX)はスマートフォンツールが人気の業者です。
1,000通貨単位からの取引できる上に、スマホで取引する・チャートを見ることが多い人にはYJFX!のスマホアプリ「Cymo」がおすすめ。
最大で39000円のキャッシュバックキャンペーンがあるのも嬉しい点です。

外為オンライン

# 外為オンラインでは新規口座開設と取引量に応じて最大150,000円もらえるキャッシュバックキャンペーンを実施中です。
FX初心者にオススメしたいのが「miniコース」。1,000通貨単位での取引はもちろんできる上で、操作方法がとっても簡単なので知識が少ない方でも安心です。

上記のFX会社の他にも1,000通貨から取引できるところはありますが、ご紹介したFX会社は「はじめてFXに挑戦」+「1000通貨から取引」で選ぶ際にオススメしたいFX会社です。

機能の使い勝手やチャートの見やすさ、手数料(コスト)面、キャンペーン、安心・信頼感など、総合的に見ても利用者から評価が高いFX会社をおすすめします。

チャートの見やすさなどを重視するなら「YJFX!(外貨ex)」がおすすめ。FXについて「1からしっかり勉強したい!」もしくは「できるだけ簡単なのがいい!」という方は「外為オンライン」がおすすめです。

少額で始める1,000通貨取引でも利益が出せる理由はレバレッジにあり!

ここまでで、予算が5,000円以下でもFXを始められることが分かりました。
しかし、そんなに低予算でFXの少額取引をしても、大した利益が出ないのでは?と思った方もいるのではないでしょうか。

最初に少し触れましたが、FXには実際の資金以上に大きな取引を行うことができる「レバレッジ」という仕組みがあります。

仕組みを詳しく説明するとレバレッジは、少ない力で大きなものを持ち上げる「テコ」の仕組みと同じものです。
FXではこのレバレッジによって少ない資産で大きな取引をすることが可能なのです。

ここで大きな金額を例にレバレッジを利用した取引によって、どれほどの利益と損失が生まれる可能性があるのかを確認してみましょう。

レバレッジ取引の例
1ドルが100円の時に、100,000円の証拠金を預け25倍のレバレッジをかけたとします。
すると250万円分を取引することが可能になり、25,000ドル分を買うことがでます。

式:2500000円÷100円=25000ドル

この状態で仮に1ドルが101円まで円安が進むと、評価額は2,525,000円になります。
つまり25,000円の利益が出たことになります。

#

預けている証拠金が100,000円、それに対し25,000円の利益が出たことになるので、利益率にすると25%です。
仮にこれがもしこれが外資預金だった場合、レバレッジがかからないので今回の例と同じ利益を出そうと思うと250万円預けておく必要があります。

もちろんレバレッジにはデメリットもあります。レバレッジは利益率を最大化できるのがメリットですが、そこが逆にデメリットにも働いてしまうことがあります。「テコ」の原理と同じわけなので、損失にもテコがかかってしまう点です。

例えば先ほどの例と同じポジションを持っていた時に、1ドルが100円から99円まで円高に進んだケースを考えてみましょう。
この場合は2,500,000円に対する評価額が2,475,000円になります。(評価損額:25,000円)

#

ということは先ほどの話とそのまま逆で、損失率が25%になってしまうのです。
たった1円相場が動いただけで、証拠金に対して25%もマイナスをかぶってしまうことになります。

FX取引の場合、このレバレッジを全くかけずに取引することもできますし、最大の25倍まで高めることもできます。うまくいけば、元手が一気に増えることも珍しくはないですが、その逆もありえるので自分自身が負えるリスクに見合う取引をするようにしましょう。

1,000通貨単位でFX取引をはじめるメリットとは?

通常の1万通貨の10分の1で売買できる1,000通貨での取引にはさまざまなメリットがあります。

例えば「投資」という言葉だけ聞くと、なんだか最初に大きな予算が必要なんじゃないか?というイメージがありますが、全くそんなことはありません。少ない予算からでも取引ができることで、これまで投資をしたことがない初心者にとってもFXは始めるためのハードルが低く、副業として人気が高まっている要因にもなっています。

なのでサラリーマンが40万円稼いだ!とか、主婦が子育ての間に月2万円稼いでいる!という話もあります。当サイトでも、上級トレーダーをはじめ普通のサラリーマンや主婦など、FXで稼いだ人の体験談を掲載しています。そういった方たちが副業としてFX取引に取り組み、どうやって利益を出しているのかぜひ参考にしてみてください。

予算面以外でも、1,000通貨単位で売買ができることで取引の幅が広がります。例えば、1万通貨を取引したとしても5,000通貨だけ利益を確定した後で、残りの5,000通貨でさらに利益を狙って取引をするといった戦略も可能になります。

気軽に実際の取引を行える最大の利点は、なんといっても気軽に実際の取引を行える点でしょう。

FXを始めたての方は、いきなり自分のお金を使ってトレードをするのにためらいがあるため、仮想金でトレードができるデモトレードから始める方が多いです。確かにデモトレードは練習としては良いですが、トレードを上達させるためにはやはり実際のお金で取引することが必要です。

そんな時にいきなり多額の資金を使ってトレードした際に、焦りやプレッシャーなどから失敗してしまう可能性もあります。このサイトを隅から隅まで読んでくださっている人は少し感じてくれているかもしれませんが、FXトレードは結構メンタルの部分での戦いでもあります。

なので、最初から何万円も失うかもしれないというリスクがある取引からはじめるよりも、5,000円以下から実際に取引の経験を積めるというのはとても大きなメリットと言えます。そう考えるとメンタルの面に関しても違ってくると思います。

比較的気軽に始められる1,000通貨の取引で、まずはFXに慣れるところからはじめましょう。

低予算でFXを始める人から良くある質問と回答

ここまで読んで、FXが意外に低予算からはじめられることは理解していただけたと思います。
では次に、これからFXを始める人がよく抱えている疑問や不安をまとめましたので、紹介したいと思います。

いくら低予算から始められるからと言っても、初めては誰だって不安なものです。
なんといっても、自分の資産がかかっているわけですからね。

そんな方達からの良くある質問とそれに対する回答をまとめたので、合わせて確認してみてください。

口座は誰でも作れるんですか?どのくらいでできますか?
ほとんどのFX会社は原則「20歳以上」の方なら誰でも申し込みをすることができます。
こちらで用意するのは「身分証明書の写真」、例えば運転免許証などが必要ですね。

それと「口座情報」です。
「口座情報」に関しては、FX会社によって申し込み後でも良い場合があります。

入力した情報に不審な点がなく、審査が通れば最短で2~3日で取引がスタートできますよ。

仕事、家事育児でなかなか時間がないんだけど取引できる?
取引スタイルにもよりますが、FX取引ではたった5分程度の時間で取引できる方法があります。
またスマートフォンなどからも24時間取引できるので、外出先や旅行先、その他少しの空き時間でも始めることができます。

いちいちパソコンを起動しなくても良いので、最近ではスマートフォンだけでトレードするスマトレ派の人も増えてきています。

FXって難しいですか?
そうですね。はじめては難しいと思いますが、誰だって最初はそうだと思います。
どうしても自分で取引するのは怖い!という方にはFXにはシステムトレードという自動で取引が出来る売買プログラムがあります。
プロが作ったルールに従って自動で売買してくれるので、自分がやることといえば「選ぶだけ」です。

外為オンラインの「iサイクル注文」なら簡単な設定で自動の取引ができるので、こちらもFX初心者の方に人気が高いです。

まとめ

「投資」「金融」「FX」など難しい言葉で聞いてしまうとなんだかすごく大変そうだし予算もかかりそう……と思いがちですが、日中に仕事をしている忙しい人や、子育てや家事でゆっくりする時間のない主婦でもたった5000円からFX取引を始めています。

「予算がかかりそうでFXには手を出せないなぁ……」と考えていた人も今回、少額でFXが始められることを理解できたと思います。ぜひもう一度気になるFX会社をチェックしてみてください!

おすすめの記事